濃縮還元オレンジニュース

メモリリークの解析に役立つJava VMのオプション「-XX:+PrintClassHistogram」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

@ITの連載「現場から学ぶWebアプリ開発のトラブルハック」の第8回「肥え続けるTomcatと胃を痛めるトラブルハッカー」からのものです。

記事では,長時間稼働すると発生するメモリリークという非常に厄介な問題を取り上げています。通常であれば「定期的に再起動を行う」という運用で回避してしまいそうな問題に真っ向から挑み,Java 1.4.2以降で利用できるJava VMオプション「-XX:+PrintClassHistogram」を使ってメモリリークの原因を突き止めるという解決方法について解説しています。記事はちょっとしたストーリー仕立てになっており現場の雰囲気が伝わり,かつ実践的な内容となっています。

また,連載を通してGCViewerやHPROFなどさまざまなプロファイリングツールが紹介されているので,いざというときのために使いこなしておきましょう。

URLhttp://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/troublehacks08/
troublehacks08_1.html

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入