濃縮還元オレンジニュース

Apple,iPhone SDK β版を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2008年3月6日,Appleはアメリカ本社にてiPhoneのイベントを開催し,iPhone SDKを発表,公開しました図1)。会員登録を行うと誰でもダウンロードできます。

SDKにはXcodeをはじめとした開発ツールやAPI,シミュレータが含まれています。Webアプリケーション用のDashcodeやパフォーマンス解析ツールのInstrumentsなど特に開発ツールは充実しており,デスクトップアプリケーションと遜色ない環境で開発できます。

図1 iPhone SDK

図1 iPhone SDK

プログラミング言語にはあまり馴染みのないObjective-Cを使いますが,C言語に若干の拡張を加えたものですので,C言語を習得しているならば基本文法は1日もかからずに覚えることができます。

現在SDKはベータ版で,2008年6月に正式版がリリースされる予定ですが,SDKを使って開発したアプリケーションを実機にインストールしたり配布したりするには年間99ドルの費用がかかる「iPhone Developer Program」に加入する必要があります。

また,AdobeやSun Microsystemsが,正式版までにFlashやJavaを入れられるようにする動きがあるようです。

URLhttp://developer.apple.com/iphone/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入