濃縮還元オレンジニュース

モバゲーのWebアプリフレームワーク「MobaSiF」がオープンソースとして公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

携帯向けSNSサービスの「モバゲータウン」で知られるDeNAが2008年5月16日,携帯向けWebアプリケーションフレームワーク「MobaSiF」(Moba/Mobile Simple Framework)をオープンソースとして公開しました。

MobaSiFはPerlで作られており,コアとなるテンプレートエンジンや絵文字変換,日本語文字コード変換などはCで書かれたXSモジュールとして提供されています。

ドキュメントに「素朴で軽いのが特徴」と書かれているとおり,フレームワークを構成するファイル数はそれほど多くありません。DeNA自体,いろんなサービスを開発する際はこのフレームワークをベースにサービスごとに拡張しているようです。大規模かつ多くのサービスを柔軟に開発するDeNAのアーキテクチャがMobaSiFを通して伝わってきます。

MobaSiFは,2008年5月15縲・6日に開催されたPerlのカンファレンス「YAPC:: Asia 2008」注1の2日目に公開されたのですが,1日目の夜の時点でまだソースをアーカイブさえしていないという状況だったという逸話があるように,ドキュメントを含めあまり多くの情報がありません。しかし,とてもシンプルでわかりやすい作りになっているため,ソースを読むのに抵抗がない人はダウンロードして大規模なサービスのしくみを調べてみましょう注2)。

注1)
YAPC::Asia 2008のレポートが本誌WEB+DB PRESS Vol.45214ページに掲載されています。また,YAPCで行われたMobaSiFに関するセッション「Introducing “MobaSiF”」の動画がWebで公開されています
注2)
MobaSiFについて詳しくは,本誌WEB+DB PRESS Vol.45特集1「[イマドキ]ケータイ開発入門」の第2章~3章「モバゲータウンのノウハウ満載! フレームワークMobaSiFを使おう」(16ページ)をご覧ください。

URLttp://sourceforge.jp/projects/moba

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入