濃縮還元オレンジニュース

プログラミング言語の選び方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

何かを作ろうを思った際,どのプログラミング言語を使うか迷うときがあります。私はついつい,ライブラリの充実さや想定コーディング量の少なさなどの安易な理由で選んでしまいます。

取り上げた記事の筆者は,「言語の仕様をすべて理解しようとする前に,いくつかの観点から自分の必要な言語を決めればいい」とアドバイスしています。たとえば,オブジェクト指向言語と関数型言語のどちらを選ぶかは,プログラムを構成する「部品」「機能」の種類の多さによって選別できると述べています。GUIアプリケーションでは部品が多いためオブジェクト指向言語が適しており,テキストエディタなどのアプリケーションは機能のほうが多いため関数型言語でスマートに記述できる,と示しています。

そして最後に「周りの声を信用せずに自分でプログラムを書いてみて好みを確かめるのがいい」ともっともな結論を述べています。

URLhttp://madscientist.jp/~ikegami/diary/20080514.html#p01

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入