濃縮還元オレンジニュース

ミラクル・リナックスの吉岡弘隆氏,取締役を退任してプログラマへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

現在90回近くもの開催を続けている「カーネル読書会」の主催者,吉岡弘隆氏によるブログ記事です。2008年6月30日をもってミラクル・リナックスの取締役を退任し,プログラマとして会社に貢献していくことを宣言しました。創業時より取締役CTOとして従事し今年50才になる吉岡氏は,「わがままを言って現役のプログラマに戻してもらった」「次の10年,経営者ではなく一エンジニアとして生きていくのが自分の長年のユメであった」と述べているように,自ら進んで役員の座を下りてプログラマの道を歩むことにしたようです。

多くの会社では30才を過ぎてくるとマネジメントの仕事を任されることが多くなってきます。当然プログラミングの時間は減っていき,年月が経つと技術知識を忘れていき,技術者へ戻ることが難しくなります。

はてなブックマークのコメントでは「かっこいい」「こういう人になりたい」など多くの賞賛が寄せられています編注)。

編注)
「小飼弾のAlpha Geekに逢いたい♥」WEB+DB PRESS Vol.4610ページ)に,吉岡弘隆氏のインタビューが掲載されています。

URLhttp://blog.miraclelinux.com/yume/2008/07/post-b58f.html

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入