濃縮還元オレンジニュース

Googleの面接を受けてみた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

海外ブログ記事の翻訳です。Googleの面接を受けた体験を詳細に記録したものです。

面接は3回の電話面接と5回の現地面接の計8回行ったようです。まず,リクルータよりメールにてコンタクトを受けたことがきっかけとなります。最初の面接以外はすべて技術的な内容を含んでいます。電話越しにアルゴリズムについて答えたり,ソースコードを伝えたりしなければいけないようです。また,4次面接以降はカリフォルニアのマウンテンビューにあるGoogle本社で行われ,丸一日かけて8次まで続けて行われます。ちなみに旅費やホテル代などはすべてGoogleが払ってくれるそうです。

具体的な質問内容は記載されていませんが,どの質問も非常にレベルが高いことがわかります。また,ほとんどの面接において,ホワイトボードを使った回答形式が多いのも技術的側面を重視した内容であることが伺えます。

面接を受けた元ブログ記事筆者は結果的に採用されませんでしたが,面接を振り返って「純粋に楽しかった」と感想を述べています。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/shiumachi/20090122/1232574613

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入