濃縮還元オレンジニュース

Apple,新JavaScriptエンジン「Nitro」を搭載した「Safari 4」パブリックベータ版を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2009年2月24日,AppleはWebブラウザ「Safari 4」のパブリックベータ版を公開しました。現在は英語版のみの提供で,Mac OS X Tiger/Leopard,Windows XP/Vistaで動作します。

Safari 4は新しいJavaScriptエンジン「Nitro」を搭載しており,JavaScriptの実行速度がSafari 3より4.2倍速くなっているとのことです。HTML 5やCSS 3にも対応しています。また,頻繁に訪れるページを美しいプレビューで表示する「Top Sites」,履歴やブックマークの検索を美しいUIで表現する「Cover Flow」など,ユーザインタフェース面でも新しい機能が追加されています。

さらに注目すべき点として,JavaScriptデバッガが強化されたことが挙げられます。設定でDevelopメニューを有効にするとメニューバーにDevelopメニューが追加されます。Developメニューの「Start Debugging JavaScript」を選択すると画面下部にペインが表示されます。FirefoxのFirebugに慣れている人であれば,すぐに使いこなせるでしょう。onclick属性に記述したインラインスクリプトにブレークポイントを設定することもできます。HTML 5のクライアントサイドデータベースに対応していることから,データベースとしての機能も含まれています図1)。テーブルのデータを閲覧したり,コンソールへSQLを投げて結果を表示したりできます。

このようにSafari 4は見た目や使いやすさだけでなく,開発ツールも進化を遂げています。iPhone用のWeb開発などに役立ちそうですが,インストールするとSafari 3と置き換わってしまい,通常ではSafari 3との共存ができませんのでご注意ください(アンインストール,再インストールは可能です)。

図1 Safari 4のクライアントサイドデータベース機能

図1 Safari 4のクライアントサイドデータベース機能

URLhttp://www.apple.com/jp/safari/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入