濃縮還元オレンジニュース

「Jaiku」がGoogle Codeでオープンソース化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2009年3月13日,Googleは「JaikuEngine」をApache License 2.0ライセンスのオープンソースとしてGoogle Codeにて公開しました。JaikuEngineは,Google App Engine上で動作するTwitter風マイクロブログ環境です。

JaikuEngineはGoogleでホスティングしているJaikuをオープンソース化したものです。Jaikuはもともとフィンランドのベンチャー企業によって立ち上げられたサービスで,2007年にGoogleが買収しました。しかし2009年1月にGoogle Video,Google Notebookなどのサービスとともに開発停止が発表され,今後の動きが心配されていました。

JaikuEngineはPythonで作られており,Djangoベースになっています。クライアント環境にGoogle App Engine SDKをインストールしてapp.yamlに若干の修正を施せば,ローカルで動作させることもできます図1)。現在Twitterが流行っており,Twitterライクなサービスが増えています。DjangoやGoogle App Engineのサンプルコードとしてだけでなく,マイクロブログツールを作るときの参考としても利用できそうです。

図1 JaikuEngine

図1 JaikuEngine

URLhttp://code.google.com/p/jaikuengine/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入