濃縮還元オレンジニュース

Google,JavaScriptプログラミングツール群「Closure Tools」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2009年11月6日,GoogleはWebアプリケーション開発を支援するツール群「Closure Tools」をリリースしました。Closure Toolsは,JavaScriptソースを圧縮する「Closure Compiler」⁠汎用JavaScriptライブラリ「Closure Library」⁠テンプレートシステム「ClosureTemplates」から成っています。これらのツールはGmailやGoogle Docsなどの各Googleサービスで実際に使われており,それらがオープンソースとなって公開されました。

JavaScript圧縮ツールとしてはほかにも,Yahoo!が提供するYUI Compressor」⁠MicrosoftによるMicrosoft Ajax Minifieなどがありますが,Closure Compilerは圧縮するだけでなく,⁠ClosureInspector」というFirefoxのアドオンも提供されていることが違います。これはFirebugを拡張するもので,圧縮前のソースとの対応付けが行えるようになります。Closure Compilerには,Google App Engine上で動くオンラインデモおよびAPIも用意されています

Closure Libraryは,DOM(Document ObjectModel)やイベントといった基本的なものからGoogleDocsのメニューバーのようなUIを実現するToolbar,テスティングフレームワークなどさまざまな機能を提供しています図1)⁠非常に多くのファイルに分かれていますが,付属のcalcdeps.pyというスクリプトを用いることで依存性を解決し1ファイルにまとめて出力できます。

Closure Templatesは,ブレース(波括弧)を使った変数表記でテンプレートファイルを用意し,コンパイラにてJavaScriptまたはJavaのコードに変換し,APIを通して内容を取り出せるものです。

図1 Closure Libraryに含まれる,画像を使わずに角丸を実現するImagelessRoundedCorner

図1 Closure Libraryに含まれる,画像を使わずに角丸を実現するImagelessRoundedCorner

URLhttp://code.google.com/intl/ja/closure/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入