濃縮還元オレンジニュース

Spring Framework 3.0リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2009年12月16日,SpringSouceはJavaエンタープライズ向けフレームワーク「Spring Framework」の最新バージョンである3.0 GA(Generally Available)を公開しました。Java EE 6※注やJPA(Java Persistence API)2.0に対応しています。主な新機能としては,

  • XMLをオブジェトのように扱えるO/Xマッパ
  • bean定義などで#{...}という記法を使えるSpEL(Spring Expression Language)
  • Spring MVCにおけるRESTやPortlet 2.0のサポート
  • 次世代スケジューリングシステム

などがあります。

O/XマッパはO/RマッパのXML版ともいうべきもので,JavaオブジェクトとXMLの相互変換を一貫したインタフェースにより容易に行うことができます。実際の変換作業はサードパーティによるフレームワークが必要となり,CastorやXMLBeans,JAXB(Java Architecture for XML Binding)など多くをサポートしています。

※注)
Java EE 6については本誌連載「やっぱりJavaがスキ!」⁠WEB+DB Vol.55 130ページ)で解説しています。

URLhttp://www.springsource.com/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入