濃縮還元オレンジニュース

Scala 2.8.0リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010年7月14日,JVM(Java Virtual Machine)上で動作するプログラミング言語Scalaのバージョン2.8.0がリリースされました。以前のStableバージョンであった2.7.7から多くの変更が加えられています。

  • コレクションライブラリの再実装
  • 配列(Array)の新実装
  • Type Specializationの追加
  • 名前付き引数とデフォルト引数の導入
  • Package Objectも導入
  • REPLの強化

バージョン2.7の頃にユーザの間で非難の対象となっていた「scala.io.Sourceにcloseメソッドがない」問題について,今回の2.8にてめでたく追加されたことも大きいでしょう。ちなみに筆者は,scala.xml.pull.XMLEventReaderのバグによりXML解析にて少しハマったことがありますが,2.8にてXMLライブラリのバグが多く修正され改善されているのを実感します。詳しいアップデート内容は公式サイトの記事にてまとめられています。

ケータイ向け開発情報をまとめているサイト「ke-tai.org」を運営する松井健太郎氏が,2010年6月26日に開催された「オープンソースカンファレンス2010Hokkaido」にて発表したプレゼン資料です。Webブラウザ上で動作するシミュレーションゲーム「ブラウザ三国志」開発を行った際の苦労やノウハウなどをまとめてあります。

URLhttp://www.scala-lang.org/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入