濃縮還元オレンジニュース

PHPで大規模ブラウザゲームを開発してわかったこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ブラウザ三国志はHTMLとJavaScriptで構成されており,サーバサイドはAmazon EC2上でのLAMPにて構成されています。またロードバランサとしてsquid,PHPの高速化としてAPCを利用するなど基本的な負荷対策を行っています。PHPは特にゲーム開発に向いているわけではなく,実績の高さや開発スタッフの集めやすさといったところから採用しているようです。

データベース設計やWebサーバの負荷対策について特に特殊なことをしているわけではなく,効果が期待できることに関して忠実に実行し,それらの積み重ねで全体的なスケーラビリティを確保しています。memcachedの導入については,リアルタイム性が要求されるゲームという特性からキャッシュが使いづらく実装やデバッグのコストも増えやすいことから,いまだ問題を抱えている部分があるようです。

ほかにもAmazon EC2がまだ安定していないことやAPCの不可解な動作挙動に苦労しているようですが「ゲーム開発は通常案件の倍ばいま増しくらいでおもしろい」らしく,楽しみながらさまざまな問題にチャレンジし続けていることがうかがえます。

URLhttp://www.slideshare.net/ketaiorg/php-4638298

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入