濃縮還元オレンジニュース

技術系電子書籍出版サービス「達人出版会」試験公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010年11月1日,電子書籍の出版サービス「達人出版会」の試験公開が始まりました。このサービスは日本Rubyの会の会長を務める高橋征義氏によって立ち上げられ,公式ブログにて立ち上げるまでの経緯が記されています。書籍の形式はEPUBとPDFに対応しており,執筆時点(2010年11月末)では「Ruby環境構築講座 Windows編」「はじめる! Cucumber」がベータ版として公開され購入できます。

技術書籍に関しては海外では多くの出版社が電子書籍サービスを始めており非常に活発ですが,日本ではオライリー・ジャパンオーム社など,まだ数えるほどしかありません。達人出版会は既存の出版社でなくイチ技術者によって立ち上げられたもので他と一線を画しており,Dave ThomasとAndy Huntによって立ち上げられたThe Pragmatic Bookshelfを連想します。

達人出版会では技術書籍の原稿も募集しており,分量の目安としては50~100ページほどとなっています。

URLhttp://tatsu-zine.com/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入