濃縮還元オレンジニュース

Google,Sawzallの処理系「Szl」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010年11月4日,Googleはデータ処理向け言語「Sawzall」の処理系「Szl」をGoogle Codeにて公開しました。

SawzallはGFS(Google File System)上で動作し,大規模な処理をGoogle MapReduceで手軽に記述できるように設計されたDSL(Domain Specific Language)です。Sawzallは,UNIXの開発に関わり最近ではプログラミング言語「Go」の設計者でも知られるRob Pike氏によって設計された言語です。ちなみにオープンソースのMapReduceであるHadoopには,同様のアプローチを行うものにPigやHiveなどがあります。

SzlはC++で書かれており,公開されているコードにはコンパイラやプロトコルバッファ用コンパイラプラグイン,ライブラリ,サンプルなどがあります。またドキュメントもある程度用意されており,言語仕様やコーディングガイドラインのほか,パフォーマンスTipsなどもあります。

SawzallはGFSやGoogle MapReduceなどの特化された環境で利用されることを想定しているため,単体では大規模な処理をさばけるわけではありませんが,オープンソースにて公開されたことにより今後コミュニティによってHadoopなどの環境で利用できるようになるかもしれません。

URLhttp://code.google.com/p/szl/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入