濃縮還元オレンジニュース

分散Key-Valueストア「Voldemort 0.90」リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011年7月19日,オープンソースの分散Key-Valueストア「Voldemort 0.90」がリリースされました。VoldemortはAmazon Dynamoを意識して作られたプロダクトです。ちなみにAmazon Dynamoクローンという系列ではほかにRiakなどがあります。Voldemortはビジネス向けソーシャルサービス「LinkedIn」の技術者を中心に開発が行われており,LinkedInではもちろんのこと,eBayや論文共有サービスのMendeley,結婚支援サービスのeHarmonyなどでも使われています。今回のリリースで行われたアップデート内容は次のとおりです。

  • サーバ/クライアント間の処理をノンブロッキングIOに切り替え
  • 読み取り専用のデータを効率的に扱うリードオンリーストレージエンジンの改善
  • Protocol BuffersによるRuby,Pythonクライアントのサポート

Javaで書かれているため,Serializableインタフェースを実装したJavaクラスのインスタンスをそのままvalueとして格納できます。またシェル機能も備わっており,ちょっとしたデータ操作も気軽に行えます。まだまだ知名度は低いですが,memcachedの代わりとして使ってみると馴染みやすいかもしれません(Voldemort自体,memcachedのコンセプトを意識しているそうです)⁠

ちなみにLinkedInのオープンソースプロジェクトはハリーポッターに関する名前を付けることが多いようで,Voldemort(ヴォルデモート)という名前も同作品に出てくる悪役キャラクターから来ています。

URLhttp://project-voldemort.com/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入