濃縮還元オレンジニュース

分散Key-Valueストア「Riak 1.0」リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011年9月30日,オープンソースのKey-Valueストア「Riak 1.0」がリリースされました。RiakはAmazon Dynamoの思想をもとにBashoという企業が開発している分散データストアシステムです。RiakはErlangで作られており,HTTP/JSONインタフェースが用意されています。また単体でMapReduce実行をサポートしており,map関数reduce関数ともにJavaScriptで記述します。今回の1.0のリリースでアップデートされた主な内容は次のとおりです。

  • セカンダリインデックスのサポート
  • 新しいデータ処理機構「Riak Pipe」の導入
  • ロギングフレームワーク「Lager」の導入
  • 検索エンジン「Riak Search」を統合
  • 対応ストレージエンジンにLevelDBをサポート

RiakはFirefoxのユーザフィードバック収集システムやWikiのホスティングサービスWikiaなどで利用されています。日本での利用事例はまだあまり聞きませんが,ほかにも多くのNoSQLプロダクトが登場している中,マスタ/スレーブという概念がなくサーバ管理や運用が容易なことからRiakも有力な選択肢となっていくことでしょう。

URLhttp://www.basho.com/products_riak_overview.php

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入