濃縮還元オレンジニュース

XMLをjQuery風に操作できるJavaライブラリ「jOOX」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2012年1月27日,XMLをjQuery風に操作できるJavaライブラリ「jOOX 1.0.0」がリリースされました。jOOXはLukas Eder氏が開発したもので,流れるようなインタフェースFluent Interface注1で記述していくことでXMLの走査や編集が行えます。Java 5から導入されたStatic Importをうまく使っており,非常に簡潔な記述を実現していますリスト)⁠

Lukas Eder氏はjOOXのように流れるようなインタフェースでラップしたライブラリをほかにも公開しており,SQLのように書けるjOOQやリフレクションを簡潔に表せるjOORなどがあります。jOOXのWebサイトからリンクされていますので,興味のある方はぜひ参照してみてください。

リスト jOOXを使ったコード

Document doc = $(new File("foo.xml")).document();
Match m = $(doc).find("book").filter(ids("book1", "book2"));
注1)
文章を書くようにメソッドを記述していく手法のこと。そのため,可読性が非常に高いコードとなります。

URLhttp://code.google.com/p/joox/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入