海外テック情報局

有料TwitterのApp.netは果たしてうまくいくのか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

画像

Dalton Caldwell氏が始めたApp.netをご存じですか? できることはTwitterと一緒,いわゆるマイクロブログサービスですが,一番の違いは利用するのに有料(2012年10月現在は50ドル/年)だということです。2012年7月のはじめ「Twitterの成し得た未来」という意味深なエントリを自身のブログに投稿し,「大胆な提案」でゴール設定を50万ドル,期間を1ヵ月としたクラウドファンディングを発表しました。支援者を募り,その後も「Fred Wilson注1は無料についての見解が間違っている」「臨界点とネットワーク効果」「拝啓Mark Zuckerberg」と興味深いエントリを出し,終了3日前に「ついにやった」で資金調達の成功を宣言します。

そこにTechdirtのMike Masnick氏が「有料Twitterは広告ベースのTwitterより観念的にも純粋ではない」を投稿します。基本的にはCaldwell氏の挑戦に理解を示すものの,次の2点について彼の主張はデタラメであるとしています。

  • App.netはユーザとの同調を強調しているが,実際には営利企業であって,ユーザにお金を払ってほしい。その点でユーザとApp.netの目的は正反対になる可能性もある
  • Caldwellの批判する,広告による無料のサービスでも,ユーザを大事にしなければ,ユーザは逃げていってしまい,広告主も一緒に逃げてしまうだろう

Caldwellが自身のブログに綴ったTwitterとFacebookの話や,ロンドンオリンピック期間中,広告主への嘆願を募ったユーザをTwitterがブロックした件(後にTwitterが釈明記事出しました),あるいはTwitterの戦略転換による開発者の閉め出しと,透明性を欠く事件が続いていて,利用者/開発者どちらにも巨大プラットフォームへの不信と不満は存在します。App.netが成功するかどうかはまだわかりませんが,問題提議としては非常におもしろいと思います。今後の成長を見守りたいです。

注1)
アメリカの著者なベンチャキャピタリストです。

URLhttp://www.techdirt.com/articles/20120813/00081620002/

著者プロフィール

安藤祐介(あんどうゆうすけ)

下北沢OSSカフェの常連。PHP版Redmineを開発しつつ各地で講演活動中。

Twitter:yando

小倉純也(おぐらじゅんや)

QNYP,LLC.のプログラマ。そろそろ自社サービスをサービスインしないと……。

Twitter:junya

溝畑考史(みぞはたたかし)

この号が出るころには新天地で活躍,しているはずです。

Twitter:beatak

コメント

コメントの記入