海外テック情報局

Octocatはオープンソースではない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

近年のオープンソース活動の中心的な存在であり,開発者の大好きなGitHubとそのキャラクタであるOctocat。ステッカーやTシャツをお持ちの方も多いと思いますが,そのライセンスについてはあまり知られていないのではないでしょうか? さまざまなOctocatのバリエーションを展示しているoctodexのFAQページにはそのライセンスについての記載があります。その内容を抜粋すると次のようなものです。

【Q】Octocatを私のWebサイトで使えますか?
【A】どのように使おうとしているかによりますが,多分使えます。もし⁠GitHub上で見る⁠というGitHubへのリンクのようにGitHubを参照するために使う場合は,まったく問題ありません。しかしGitHubではないプロダクトを参照する際にOctocatを使うのはフェアユースではありません。これはすべての利用状況に適用され,アプリケーションや印刷物,Webサイトに限りません。
【Q】Octocatを私のアプリケーションのロゴやアイコンに使えますか?
【A】OctocatはGitHubの登録商標です。Octocatをあなたのロゴやアイコンとして使うのは認められません。
【Q】Octocatを私のアバターにできますか?
【A】Octocatを個人のアバターとしては使えます。しかし会社やあなたが開発中のプロダクトのためには使えません。あなたのGitHubへの愛を示すのは歓迎ですが,あなたイコールGitHubのように見せるのは歓迎されません。
【Q】Octocatを含む製品を作れますか?
【A】GitHubが作ったOctocat,自分で作ったOctocatであれプロダクトや商品をGitHubの許可なく作成できません。これはTシャツや玩具,ステッカーだけに限りません。

さまざまなポイントが示されていますが,基本的にはOctocatはあくまでGitHubのマークであるということです。あくまで個人的にGitHubのファンであるという使い方ならともかく,GitHubに無関係の資料への引用やステッカーなどの印刷物を作成しないように注意する必要がありますね。

URLhttp://octodex.github.com/faq.html

コメント

コメントの記入