新サービスも続々登場! 15年の歴史に裏打ちされたWebARENAの魅力を探る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

ピー・ガガガッというモデムの音を聞きながらアクセスするのが当たり前で,まだまだ普及したとは言い難い状況だった1990年代半ば,インターネットの世界に勇猛果敢に飛び込み,フロンティア精神に溢れる魅力的なサービスを続々とリリースしていたのがNTTPCコミュニケーションズです。

そうしたサービスの1つとして登場したWebARENAは,高い品質やコストパフォーマンスの高さから多くのユーザーを獲得,現在に至るまでホスティングサービスのトップブランドとして君臨しています。ここでは,今年15周年を迎えたこのWebARENAの歴史を紐解きつつ,ついに登場した新サービスの情報も紹介していきます。

「WebARENAのVPS」の機能を徹底チェック!

WebARENAでは幅広いニーズに応えられるホスティングサービスをラインナップしています。これらのサービスの中でも,柔軟性の高さとコストパフォーマンスのよさから多くの人たちの注目を集めているのがWebARENAのVPSです。ここでは実際にコントロールパネルを操作しながら,サービスの内容をチェックしていきます。

WebARENAのVPSにおいて,まず作業する必要があるのがOSのインストールです。選択肢としてはCentOS6」CentOS5」⁠Scientific Linux6」⁠そして迷惑メールフィルタを利用できるCentOS5」の4種類が用意されています。OSのインストールといっても作業は極めて簡単で,⁠メンテナンス」メニューから「OSのインストール」を選択し,各々のOSに用意された「インストールを実行」ボタンを押せば自動的にインストールが開始されます。

画面1 WebARENAのVPSのOSインストール画面

画面1 WebARENAのVPSのOSインストール画面

インストールが完了した後は,実際にサーバーを立ち上げてみましょう。⁠メンテナンス」メニューの「起動/停止/再起動」を選ぶと,サーバーを立ち上げたり再起動したりすることが可能です。

画面2 サーバーの起動や停止,再起動を行うためのインターフェース

画面2 サーバーの起動や停止,再起動を行うためのインターフェース

WebARENAのVPSに用意されている,便利な機能の1つとして挙げられるのが「簡易サーバ設定」機能です。これはネームサーバーやWebサーバー,FTPサーバー,そしてメールサーバーの設定を一括して行ってくるというもので,ユーザーは利用したいドメイン名を入力するだけでよいというもの。サーバーの構築に慣れているユーザーでも,これらの設定をすべて行うのはそれなりの時間が必要となるでしょう。しかし簡易サーバー設定機能を使えば,基本的な設定が1~2分で完了します。

画面3 監視サーバー設定機能のインターフェース

画面3 監視サーバー設定機能のインターフェース

続けてSSHでアクセスし,アカウントの作成などを行っていきます。WebARENAのVPSでは,⁠初期設定」メニューに「SSHのアクセス制御」という項目があり,これを利用すれば簡単に自身が使っているグローバルIPアドレスからのSSHアクセスを許可できます。なおSSHの設定ファイルはコントロールパネルから初期化することが可能であり,設定ミスなどによってアクセスできなくなった場合でも,初期化して改めて設定し直すことができるようになっています。

画面4 SSHのアクセス制御を設定しているところ

画面4 SSHのアクセス制御を設定しているところ

さらにコントロールパネルでは,WebARENAのVPSハイスペック版であるSuitePRO V3でオプションとして提供されているバックアップ機能を設定するためのインターフェイスも用意されています。このオプションでは,最大3個までのバックアップファイルを作成しておくことが可能で,スケジュールの設定やリストアといった作業をコントロールパネル上から行えます。なおスケジュールは日次/週次/月次から選択することができるため,たとえばトラブル発生時のデータロスを抑えたい場合は日次,できるだけ過去のバックアップデータを保持したい場合は月次など,サーバーの用途に合わせて選べるのは便利でしょう。

画面5 オプションのバックアップ機能の設定画面

画面5 オプションのバックアップ機能の設定画面

このほかにも,ネームサーバーの逆引き設定やiptablesの初期化,SSHパッケージやRPMのアップデートといったことをコントロールパネル上から操作可能です。またオンラインマニュアルが充実しているのもポイントで,基本的な設定からSSHでのアクセス,アカウントの作成といった作業まで分かりやすく解説されています。初めてVPS型のサービスを利用するといったユーザーにとっては,嬉しいポイントではないでしょうか。

低価格のレンタルサーバーからIaaS型のクラウドサービスまで,インターネット上でサーバーを利用するためのサービスは数多く提供されています。それらのサービスと比べた場合のWebARENAのVPSの大きな利点として,コントロールパネルに豊富な機能が用意されていることなどといった使い勝手のよさ,そして1Gbpsの共有回線が使えることなど充実したインフラの魅力が挙げられるでしょう。もし自由度の高いホスティングサービスを探しているのであれば,WebARENAのVPSを検討してみてはいかがでしょうか。

いよいよ4月12日に提供開始! ソフトウェア開発に最適なWebARENAの低価格VPS

ソフトウェアの開発において,アプリケーションの実行環境を構築したり,あるいはその上でテストを行ったりするために,自由に使えるサーバーが1台ほしいと思うことが多々あります。ただ,実際にサーバーを導入しようとすると,さまざまな壁が立ちはだかります。たとえば物理サーバーを導入するには,まず予算を確保する必要があり,さらに相応の設置スペースも用意しなければなりません。既存のハードウェア上で仮想サーバーを動かすという手もあるが,快適に利用しようとすると,それなりのパフォーマンスが求められるのが難点です。

こうした課題の解決策として,ぜひオススメしたいのがNTTPCコミュニケーションズが提供するWebARENA VPSエントリーです。多くのVPS型のホスティングサービスと同様にroot権限が提供されているため,OSの設定を変更できるほか,データベースやアプリケーションサーバなど,各種ソフトウェアをインストールして使うこともできます。データベースやアプリケーションサーバなどをインストールし,開発中のソフトウェアの実行環境として使えるのです。

そして何よりも注目したいのは,コストパフォーマンスの高さです。初期費用は5250円(税込)⁠月額基本料金は1450円(税込,カード払いの場合。請求書・口座振替では2290円)と価格を抑えつつ,2GBのメモリと10GBのディスクスペースが提供されています。低価格VPSの場合,割り当てられるメモリ容量が512MB~1GB程度であることが多く,実行するソフトウェアによっては十分なパフォーマンスを得ることができません。しかしWebARENA VPSエントリーでは2GBと十分なメモリ容量が確保されているため,ソフトウェアを快適に実行できるでしょう。

OSが選べるのもポイントで,CentOS 5とCentOS 6,そしてScientific Linux 6のいずれかを選択してインストールすることが可能です。ネットワークは1Gbpsと広帯域の共有回線が用意されており,大きなファイルを転送する場合でもストレスを感じることはありません。さらに都内のデータセンターにサーバーが設置されているので,遅延に悩むことなく使えるのも嬉しいところです。

このようにWebARENA VPSエントリーは,十分なスペックを持ちながらコストを抑えて利用できる魅力的なサービスに仕上がっています。開発用だけでなく,小規模なサービス提供にも活用できるでしょう。さらにWebARENA15周年を記念したサーバーお乗り換えキャンペーンの適用サービスとなっているため,2012年5月14日までに申し込めば,初期料金無料で使い始められます。ぜひこの機会に利用してみてください。

バックナンバー

ホスティング

  • 新サービスも続々登場! 15年の歴史に裏打ちされたWebARENAの魅力を探る

コメント

コメントの記入