一般記事

【イベント開催連動企画】 IoTシステムをビジネスに活かす~技術者が持つべき視点とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

本稿では,IoTシステムがこれからどのように進化していくのか,それをどのように活かすか,そしてその中で技術者としてどのようなスキルを身に付ければいいのかについてまとめます。

本記事は『IoTエンジニア養成読本』「Part 4:ビジネス編」を一部修正して掲載しています。

IoTシステムの今後

ここ10年を振りかえっても,技術の進歩によりデバイスが小型になったり,通信は安価で高速になったり,クラウドコンピューティングが誕生したりしており,これらの技術進歩を足がかりにして,IoTに注目が集まるようになりました。

これからどのような技術が生まれ,IoTにどう影響があるのか各要素ごとに見ていきましょう。

デバイス

IoTシステムが普及するためには,デバイスのサイズがより小さくなり安価になることが必要ですが,さまざまなデバイスベンダがいまこの領域にトライしています。

Raspberry Pi

より小型の「Raspberry Pi Zero」図1という製品が発売されています。Raspberry Pi Zeroには1GHzのCPU,512MBのメモリが実装されており,サイズも6.5cm×3cmと非常に小さくなっています。何より価格が5ドルと安価に設定されており,大量に利用することを意識した値段となっています。

図1 Raspberry Pi Zero

図1 Raspberry Pi Zero

【出典】https://www.raspberrypi.org/products/pi-zero/

Joule

またインテルも同様に小型のIoT用デバイス「Joule」図2を,2016年の8月に発表しました。

Intel Edisonの後継となるデバイスで,Joule 570Xは1.7GHzのAtomプロセッサと4GBのメモリ,16GBのストレージ,Wi-FiとBluetoothが実装されており,I2CやGPIOなどの入出力もサポートされています。このデバイスが,10円玉2枚分ぐらいのサイズに収まっています。

デバイス用のOS(Windows 10 IoT/Android Things)

デバイス用のOSという観点では,デバイスの処理能力の向上により,より開発しやすいものが使えるようになってきています。

例えばMicrosoft社は,デバイス向けに「Windows 10 IoT」というOSを提供しています。Windows 10 IoT上では,従来のWindowsアプリケーションが動作します。従来のMicrosoft .NETの技術やライブラリ,またVisual Studioなどの開発ツールがそのまま利用できるため,.NETの技術がわかる技術者であれば非常にとっつきやすいですし,またデバイスメインのエンジニアも,サーバ側で利用するのと同じ技術で開発を行うことができるようになります。

またスマートフォン用OSで多く利用されているAndroidの提供元であるGoogle社も,⁠Android Things」図3というOSの提供を発表しています。

図3 Android Things

図3 Android Things

【出典】https://developer.android.com/things/hardware/

これはAndroidの技術を組み込みデバイス用にしたもので,GPIOやI2CなどのIOを行える「Peripheral I/O API」などを備えています。これもWindows 10 IoTと同様に,Androidで利用できる言語(JavaやC++など)やAPI,ライブラリ,開ツールが使えるものです。

今後はこのような,PCやスマートフォンなどの技術が幅広くデバイス分野でも利用できるようになります。WindowsIoTやAndroid Thingsなどにより,センサ制御のAPI化が進んで行くと,技術者層がクロスオーバーしてくることが考えられます。デバイス開発者は新しい開発言語/環境を,PC/スマートフォンの開発者はデバイスやセンサの知識があることが,IoTのシステムでは求められる可能性があります。

Amazon Echo

また最近では,音声認識が行える「Amazon Echo」図4のようなデバイスも発売されるようになっています。これはデバイスに「耳」がついたもので,音声を入力として,家電を操作したり商品を発注したりすることができるものとなっています。

このAmazon Echoの重要な点は,音声認識の部分は「Amazon Alexa」というクラウドサービスを利用しており,それ単体で利用できるという点です。ある意味Alexaは,物理世界の音声をクラウドを使ってデジタル化するためのセンサ,とも言えると思います。そして自社デバイスやIoTシステムに,この耳の代わりとなるこの新しいセンサを組み込むことができるということです。すでに多くの自動車メーカーや家電メーカーが,このAlexaを製品への組み込みをはじめており,特にヒューマンインタフェースとして利用され始めています。このようにクラウドと連携したセンサも,今後デバイス開発では抑えておくべきポイントと言えます。

著者プロフィール

片山暁雄(かたやまあきお)

現職は(株)ソラコムで自社サービス用のソフトウェア開発/運用に携わる。前職はAWSにて,ソリューションアーキテクトとして企業のクラウド利用の提案/設計支援活動を行う。好きなプログラミング言語はJava。

Facebook:https://www.facebook.com/c9katayama
GitHub:c9katayama
Twitter:@c9katayama

バックナンバー

IoT

  • 【イベント開催連動企画】 IoTシステムをビジネスに活かす~技術者が持つべき視点とは

コメント

コメントの記入