学生はアイデアだけで賞金30万円を目指せる!「2013TSPAA」オリエン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラムは12月13日,昨年に続き開催される「2013東京国際スマートフォンアプリアワード」⁠TSPAA)に先立ち,大学生を対象とした「学生部門オリエンテーション」を渋谷ヒカリエにあるディー・エヌ・エーのセミナールームにおいて開催しました。ここでは,その模様をご紹介します。なお,このオリエンテーションは「ニコニコ生放送」で生中継されました。

女子大生オフィシャルアンバサダーが司会,運営

オリエンテーションは2013TSPAAオフィシャルアンバサダーである,本田玲奈さん,宮司愛海さん,和田早矢さんの3人の女子大生が司会,運営を務めました。まず宮司さんがTSPAAの概要を説明。2013TSPAAには一般部門と学生部門があり,テーマは主催者部門3つ,企業部門3つの合計6つが用意されています。一般部門は完成したアプリケーションで応募しますが,学生部門は企画書だけで応募でき,賞金30万円の「学生部門大賞」を狙うことができると強調しました。しかも「大学生に限らず,小学生から専門学校生まで,学んでいる人なら誰でも応募できます。どしどし応募してください」と和田さん。

本田さんは,Twitterキャンペーンあったらいいなぁ~こんなアプリが同日より始まったことを告知。このキャンペーンは,Twitterアカウント「2013tspaa」をフォローしハッシュタグ「#2013tspaa」を追記して,欲しいアプリをツイートするというものです。期間中にツイートしたユーザを対象に,10名に5000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。またTSPAAに応募する人は,ハッシュタグにより検索することで,どんなアプリが求められているかがわかり,アプリのアイデアの参考にできます。さらに,TSPAAのキャラクターである「The APP APE」を紹介,このキャラクターはアプリのモンスターで,ゲームの主役に使うなど多くの方に可愛がってもらいたいとしました。

2013TSPAAオフィシャルアンバサダーの本田さん,宮司さん,和田さん

2013TSPAAオフィシャルアンバサダーの本田さん,宮司さん,和田さん

アプリ審査のポイントとは

続いて,前回の「2012TSPAA」において審査委員長を務めた武蔵野国際大学の准教授である木暮祐一氏による「2012TSPAA受賞作品の紹介と傾向 審査のポイントについて」が行われました。木暮氏は前回のTSPAAの受賞作品を紹介し,⁠今回は前回に比べてテーマが少なくなっていますが,逆にチャンスかも知れません」と述べました。学生部門は,アプリを実際に作成して応募する一般部門と異なり,企画書のみで応募できます。そのポイントとして,スマートフォンやタブレットならではの機能を活かすことを挙げました。ほかのデバイスでは実現できず,また楽しさや驚きを感じるアイデアが求められているとしました。

前回の受賞作品をみると,AEON賞を受賞した神庭幸枝さんの「WAONオトクウィジェット」は,ウィジェット形式にすることで手軽に利用できるものでした。ANA賞を受賞したエキサイトの「そらのあるばむ」は,ぬり絵感覚で手軽にアニメまで作成できる点が評価されました。日清食品賞を受賞した渡嘉敷守さんの「カップヌードルスケルトンAR」は,3分間待つ間にカメラをカップヌードルにかざすと中身が透けて見え,カップヌードルができていく様子を観察できるというユニークさが評価されています。

このほか,東京スカツリー賞を受賞した唐鎌千里さんの「スカイツリーコンパス」は,GPS機能を利用してどこからでもスカイツリーの方向が分かる点,日産自動車賞を受賞したおもプリ部 feat.un-Tの「SOUND DRIVE」は,加速度センサーを利用して車の音を聞ける点,ファミリーマート賞を受賞した,あゆたの「ARファミマおみくじ」はファミリーマートを探す楽しみがある点などなど,スマートフォンならではの機能を上手に活用していました。

携帯電話の収集家としても有名な木暮氏。
自宅には約2000台の携帯電話があるという

携帯電話の収集家としても有名な木暮氏。自宅には約2000台の携帯電話があるという

木暮氏は審査におけるポイントとして,⁠独創性」「表現するための技術的な革新性」を挙げました。また,今回からアワードの名前に「国際」が加えられたことから,⁠ぜひ知恵を絞ってユニークな作品を世界に向けて発信して欲しい」とセッションを締めくくりました。

「たった一人でも役に立てば,アプリとして十分」

続いて登壇したのは,ニッポン放送のアナウンサーであり「吉田尚記 BUZZニッポン」のパーソナリティも務める吉田尚記氏。⁠アプリは世界を変える」というセッションでしたが,あまり内容を考えずに決めたといいます。ただ,⁠LINE」をインストールしたとたんにメールがLINEに置き換わるなど,アプリが生活スタイルを変えることはあり,⁠昔は音楽が世界を変えていましたが,今はほとんどありません。でも,アプリは相当に世界を変えています」といいます。

また,スマートフォンには面白い技術がたくさんあると吉田氏は指摘します。しかし,みんなが使いこなさないと広まらないことも事実。たとえば「Google Drive」をみんなで共有して使うということはあまりやっていないのではと吉田氏は考え,ラジオ番組でリスナーとファイルを共有しアップデートしていくということを試したそうです。結果,どんどん内容が膨らんでいき,最後にはTwitter経由でGoogle Driveから外の世界にまで出て行ったのです。

さらに別の意味でおもしろいのは,⁠マスプロダクツではないこと」⁠すべての人に役立たなくても,たった一人がものすごく役立つこともあります。それだけでもアプリを作る意味はあるのです。同様のことが国際的に起きることもあります。例えば,カヤックという会社が作った「ナカマップ」というアプリは,グループチャットや友達の居場所がわかるアプリですが,このアプリがクウェートでブレイクしました。正確な理由は分からないのですが,中東の国では公の場所で男女が会話することを禁じています。それでナカマップが人気を博したのかも知れません。このように,自分だけのニーズが他の場所のニーズに合致することもあるのです。

アプリのアイデアについて吉田氏は,まず「知らないことは思いつきませんから,何にでも興味を持って詳しくなってください。そこから思いつきが生まれます」と述べ,さらに「逆に使い方などからアイデアを考える」ことも有効だといいます。たとえば「左手だけで使う」⁠画面は一切表示されない」⁠音だけで使う」などです。そこから面白いアイデアが思いつくかもしれません。

ニッポン放送アナウンサーの吉田氏。
独自のランキングやアプリを作成
するなど,アプリを推進

ニッポン放送アナウンサーの吉田氏。独自のランキングやアプリを作成するなど,アプリを推進

吉田氏は株式会社トーンコネクトの代表取締役CMOでもありますが,ここでは「トーンコネクト」というアプリを公開しています。このアプリは「ピポパ」の電話の発信音を使ってデータをやり取りするというもの。例えば,ラジオで投稿先のメールアドレスを音で鳴らし,アプリで聞けばアドレスが表示されるわけです。携帯電話のインフラから整備される発展途上国などでブレイクするかも知れないと,吉田氏は期待を寄せているとしてセッションを締めくくりました。

バックナンバー

プログラミング

コメント

コメントの記入