知って得する,スマートデバイスアプリ開発者が知っておきたいVisual Studio 2013の便利機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

本記事では,Microsoftが提供する最新の開発環境Visual Studio 2013が持つ特徴,そして,これまでVS2013を使用したことがない開発者に向けて,ここだけは知っておくべきというポイントをご紹介します。

2013年10月17日(米国時間)にスタートしたMSDNサブスクリプション会員向けのダウンロードを皮切りに,この11月から本格的に提供が開始される開発環境「Visual Studio 2013」⁠Microsoft製品がゆえに,.NETを中心とした固有のアプリ開発用ツールとして認識されがちですが,.NET開発への最適化はもちろんのこと,バージョンアップを重ねるごとに他言語や他環境に向けた開発ツールとしての機能が整備されてきています。今回は,VS2013が持つ特徴,そして,これまでVS2013を使用したことがない開発者に向けて,ここだけは知っておくべきというポイントをご紹介します。

Visual Studioって?

Visual Studioは,Microsoftが開発する,統合開発環境です。

Microsoft Visual Studio
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/

1997年から開発・提供が進められており,多くの開発者に使われてきています。そして,この10月には最新のVisual Studio 2013が登場し,提供がスタートしました。開発元がMicrosoftであるため,.NET環境やC#といった言語に適した開発環境であることはもちろんなのですが,そのイメージが強く,他の環境や言語には適していないのではと思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし,ここ数年におけるクロスプラットフォーム化・マルチデバイス化,また,Webアプリの浸透により,Visual Studioでは,他言語開発,あるいはWebアプリ開発を行う開発者にも便利な機能が多数実装されてきています。

そこで,本記事では,最新のVisual Studio 2013に注目しながら,とくにスマートデバイス向けアプリ開発者が知っておきたいポイントについて紹介します。

なお,Visual Studio 2013は上記URLから無償試用版をダウンロードすることが可能ですので,興味のある方はまずダウンロードして触ってみてください。

Visual Studio 2013,ここがポイント

それではさっそく最新版Visual Studio 2013のおもな特徴を紹介しましょう。

CodeLends

まず最初に紹介するのは「CodeLends(Code Information Indicators)⁠です。これは,プロジェクトメタデータとTeam Foundation Server 2013(チーム開発用の構成管理ツール)の両方の情報を使い,コード内の各メソッドにデコレーターを追加し,作成や最新の変更が行われた変更セット,そのコードを最後に編集したユーザ,そのメソッドをカバーする単体テスト(合格/不合格の最新の状態)⁠存在するコード参照などの情報を表示する機能になります。

これにより,開発画面内におけるチーム開発の生産性を向上し,より効率的な開発を実現できます。たとえば,以下の図では4つのテストのうち3つに合格し,1つは不合格の状態ということがわかるわけです。

CodeLens機能

CodeLens機能

内容については他のメンバーや担当者へ通知することができるため,コードレビューなどの見落としを防ぐことができます。

Windows 8.1アプリ開発に最適

続いて,2013年10月18日にリリースされたばかりのWindows 8.1に向けたアプリ開発をサポートする,さまざまな機能追加・向上が行われています。

たとえば,

  • 新しいコントロールの追加(AppBar,DatePicker,Flyoutなど)
  • デバイス アクセスの強化(POS,USBなど)
  • Direct X 11.2サポート
  • 新しいウィンドウ化モード/検索の変更

などが挙げられます。

その他,ストアアプリの回帰テスト自動実行(UI操作の自動再現およびUI要素の情報取得など)やテスト用アプリの配置とリモート取得,それによる情報管理がしやすくなっているため,とくに実機を想定したテスト効率が向上したと言えるでしょう。

Windows 8.1アプリ

Windows 8.1アプリ

Team Foundation Serverとの連携(開発環境のクラウド化)

前述のTeam Foundation Serverとの連携も強化されており,開発環境そのものをクラウド化し,プログラマやテストエンジニアの他,インフラエンジニアを含め,さまざまな職域の開発者にとって,開発しやすい環境が提供されています。

さらに,Webクライアントを強化したことによって,Visual Studio 2013がない環境からも,アプリの開発状況やテスト結果など,作業項目を閲覧することができます。

Webクライアントからの作業項目の確認

Webクライアントからの作業項目の確認

TFS(チームルーム)との連携

おなじくTeam Foundation Serverの一機能である「チームルーム」との連携が行えるのもVisual Studio 2013の特徴です。下図のように,対象プロジェクトに対して,参加者同士のリアルタイムコミュニケーションを実現できます。こちらもWebクライアントでの閲覧ができるため,該当者以外のメンバーからも確認することができ,チーム内の状況および情報共有を高めることが可能です。

チームルーム

チームルーム

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入