新春特別企画

プロ生ちゃんが聞く! 2015年のプログラミング言語動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

慧 あけましておめでとう! 私,暮井 慧。今年もよろしくね。ところでみんな,いろいろなプログラミング言語の動向とか気になるよね? というわけで,プログラミング言語の去年のふりかえりと今年の予定なんかを,スペシャルな人たちに聞いてきたよ!

Ruby

慧 最初は,みんな大好きRuby! Rubyコアコミッターの小崎資広さんに聞きにきたよ。小崎さんは,Linuxカーネルコアの開発者でもあるんだって!

Rubyの2014年はどんな年でした?

こんにちは。2014年のトピックを聞かせてください!

小崎 まずは,Ruby 2.2のリリースでしょう。リリース直前にいろいろとトラブルが発生してやきもきさせましたが,無事12/25にリリース。クリスマスにリリースする慣例を守ることができました。

今回のリリースはガベージコレクションの改善がメインで,速度の向上に加えて,Symbolがガベージコレクトの対象になるようになりました。

RailsチームなんかはSymbol GCをうけて,2.2リリース前からRails 5はRuby 2.2しか対応しないと表明していて,期待のリリースでした。

あとは,MatzがRubyKaigiでぶち上げたRubyに型を導入する宣言かな。

なななーんと! Rubyに型ができるの!?

小崎 型といってもいろいろあるんだけど,Matzが目指しているのはソフトタイピングという,開発者は(今までどおり)型を書かないんだけど,Rubyインタプリタが型を推測してくれて間違ってそうな場所を警告してくれるというもの。それなら既存のコードの互換性も壊れないんでいけるのではという話だった。

ちょっと驚いたのはその後の宴会の時にコミッターのakrさんとなるせさんがなにかごそごそやってるなあと思ったら,その日のうちにプロトタイプを実装してしまったこと。あれはみんなが驚いていた。Matzはまだまだ先の話と言っていたけど,意外と早くみなさんのところにお届けできるかもしれない。

即日実装! すごい! これまで通りで便利になるのはいいね。

小崎 ただ一応断っておくと,Matzのキーノートは開発リーダーなのに予測がはずれることが多いことで有名だから,どんでん返しもあるかもしれないけどね。

Rubyの2015年を教えてください!

2015年のRubyは,どんなことが起こりそうですか?

小崎 なんだろうねえ。わかんない(笑い)

たぶん次はまだ3.0じゃなく2.3になると思う。今回も内部的な改善がメインになるのではないかと思っている。型の話もまだ議論が煮詰まってないし,2015年の議論の進展しだいで,次が3に上がるかどうかが,決まるんじゃないかな。

型の話も,Ruby 3.0になるかどうかも,まだまだこれから議論が進んでいく感じなんだね。お正月から気が早いけど,クリスマスリリース頃にはどうなっているのかな? ありがとうございました!

小崎資広

富士通勤務。Linuxカーネルコア開発者兼Rubyコアコミッターという奇特なひと。RubyではGVLやスレッドまわりをいじったり,Linuxプラットフォームメンテナをしたりしている。Linuxコア開発者が日々目配りすることにより,LinuxがRubyにとって最適なプラットフォームであることを不動のものにしているのである。

Python

慧 続いてPythonだよ。「Pythonプロフェッショナルプログラミング」の著者のひとりでもあるaodagさん。……あっ! 技術評論社 出版のパーフェクトPythonも書いてるよ。

Pythonの2014年はどんな年でした?

Pythonの2014年の状況を教えてください!

aodag 2014年は,3月に最新メジャーバージョンの3.4がリリースされました。標準ライブラリに非同期IOのサポートが追加され,イベントドリブンなアプリケーションをよりスケーラブルに作成できるようなりました。

また,パッケージ管理ツールのpipが標準ツールとしてPythonインストーラーに含まれるようになりました。pipは,これまで別途インストールしなければならなかったため,Pythonを使い始める際の手間が少なくなりました。12月にリリースされたPython 2.7.9でもpipが含まれるようになっています。

pip,出世したんだね。イベント関連についても一言お願いします!

aodag 日本のコミュニティでは,国内での5回目のPyConとなるPyCon JP 2014が開催されました。去年はPyDataなどのデータ分析関連の発表が多くなり,Pythonの適用範囲の広がりを感じられるものでした。PyCon JP 2014開催後には,PyData TokyoやPyLadies Tokyoなど各分野のコミュニティも活発な活動を行っています。

今年から一般販売されるパーソナルロボットのPepperの開発環境で使える言語にC++とともにPythonが採用されました。PyCon JP 2014でもブースやクロージングセッションで活躍していました。

Pythonでロボット操作だなんて胸アツ!

Python の2015年を教えてください!

Pythonの2015年の予定はどうですか?

aodag 2015年は,Python 3.5のリリースが9月に予定されています。これまでよりも文法的な変更が少な目な印象です。

Python 2からPython 3への移行は依然として大きな課題となっていますが,移行のコストを減らすための非互換性の緩和も行われています。

今Python 2を使っている人も,これからPythonを使う人にも,ぜひPython 3を使ってみてほしいと思います。

そうなんだよね。コード書いて,動かないと思ったらPython 2と3の違いだったり……。でも,私はどんどんPython 3使っていきたいな!

aodag また,国内最大のPythonイベントPyConJPも2015年に開催が予定されています。PythonはWebアプリケーション以外にもデータ解析の分野が活発になってきています。ほかの分野についても,こういったイベントでの出会いによって同様に盛り上がることを期待しています。

Pythonイベントの盛り上がり,すごいよね! ありがとうございました!

aodag

株式会社ビープラウド所属。業務系システムの会社から,Webサービス,映像系開発の後,BeProudに入社。Pythonは1.5のころから愛用しているので,もはや手足。最近の活動は,Pyramid関連のコントリビュートやパッケージング関連の啓蒙。

Twitter:@aodag

著者プロフィール

暮井 慧(プロ生ちゃん)

都内の公立高校に通う女子高生。部活は,情報処理研究会。身体を動かすのも好きで,気が向いたときはなぜか体育会系の部活に混ぜてもらっていろんなスポーツをすることも。IT・開発系コミュニティのプログラミング生放送のキャラクターとして活動中!

サイト:http://pronama.azurewebsites.net/pronama/
Twitter:@pronama

コメント

コメントの記入