新春特別企画

2015年のソーシャルWeb

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

あけましておめでとうございます。よういちろうです。

毎年,ソーシャルWebというお題目で動向予測などを寄稿させていただいております。6年目となり,小学生もいよいよ最後の小学校生活という感じになってしまうわけですが,ソーシャルWebというテーマで今年はどのようなことがおきるのか,思っていることを話します。

今までどんなことを述べてきたかが気になる方は,以下のリンクからお読みください。

ソーシャルサービスの国取り合戦

近年のソーシャル関連サービスの競争は非常に激しいものがありました。特に,各国で首位だったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とグローバルなSNSとの戦いが注目されてきましたが,昨年でそれも一段落した感があります。

各国で流行っていたSNSが終了してしまったこともありましたし,グローバルなSNSがシェアを拡大して,一部のアクティブユーザのみが利用するSNSとなってしまったこともありました。特に筆者としては,Google社が運営していたOrkut(ブラジルやインドで流行っていました)が昨年の9月30日で終了してしまったことが印象的でした。ロシアや中国は事情が異なるのですが,それ以外の多くの国では,FacebookがシェアNo.1を現在保っている状況です。その後をGoogle+が追いかけている構図と言えます。もちろん,その戦いにTwitterも含まれます。存在感としては,Facebook,Twitter,そしてGoogle+という順番でしょう。

若者に飽きられつつあるFacebook

圧倒的なユーザ数を誇るFacebookですが,実際はその戦いがすべて順調かというと,そうではなさそうです。昨年末に,気になるニュースが世界を駆け巡りました。

この調査によると,米国の10代の若者のFacebook利用率が,2012年の95%から今年は88%に落ちた,という結果が出ています。もちろん88%はとても良い数値なのですが,減少傾向という点では注目すべき数値と言えるでしょう。SNSを使うユーザ層は,若い年齢になればなるほどアクティブに利用するはずですので,Facebookにとっても無視できない調査結果だったはずです。

その若者達がどこに行ってしまったのか? その答えは読者の皆さんもきっと把握されていると思います。

メッセージングアプリの台頭

先ほどの減少傾向の対象だったものは,実はFacebookというWebサイトやスマートフォンアプリに対するものでした。それらから離れたユーザは,従来型のFeedを中心としたSNSから,メッセージの送受信によるコミュニケーションを行うためのメッセージングアプリに移行しています。今までも「おそらくその流れが起きるのではないか」と言われていましたが,先の調査でそれがいよいよ表面化してきた,ということになります。

実はFacebookから離れた若者の中で最も使われているメッセージングアプリは「Facebook Messenger」だったというオチがつくのですが,それだけメッセージングアプリがSNSを脅かす存在だということです。特にPCからSmartphoneへの移り変わりが,そのままこの構図を産んだと言えます。

そのことに気がついた企業によって,昨年はメッセージングアプリを開発している企業の買収が相次ぎました。

  • 2014年3月: 楽天がViber Media Ltd.の株式取得を完了
  • 2014年10月: FacebookがWhatsApp社を買収完了

どちらも2014年2月の時点で正式に発表されていたのですが,年内に完了した模様です。特に英語圏で大きなシェアを持っていたWhatsAppがFacebookの仲間入りをするとは誰も考えていなかったのではないでしょうか。

メッセージングアプリの国取り合戦

SNSがかつて各国のシェアNo.1を競っていたのと同じように,昨年まではメジャーなメッセージングアプリが各国のNo.1を得るべく,プロモーションに非常に力を入れていた年でした。以下のWebページでは、2014年1月から3月の間のダウンロード数を基準とした各国でのメッセージングアプリのシェアが示されています。

昨年末時点では上記とは異なる状況になっていると思いますが,どれか一つで統一される状況というよりは,各国の通信事情や文化といった事情によって人気が出るメッセージングアプリが選択されているという状況のようです。インターネットの利用が可能な人口の多い国については,昨年中にほぼ何らかのメッセージングアプリの普及が進み,今年はメッセージングアプリの勢力図については大きな動きはないのではないかと筆者は考えています。

もちろん,ちょっとしたきっかけで,ある国の人気メッセンジャーアプリのランキングはあっという間に変化する可能性もなくはないです。そういったチャンスを確実に掴めるかどうかが,メッセンジャーアプリの生き残りを左右しそうです。

今年は,Facebook, Twitter, そしてGoogle+といった従来のソーシャルメディアは,あまり注目されないと思います。それよりも,従来のソーシャルメディアを駆逐するようなメッセージングアプリの使われ方が数多く登場することで,人々のソーシャルメディアへの見方も大きく変わっていくことでしょう。マスメディアがFacebookやTwitterを現在活用していますが,そういった流れも,昨年以上に今年は次々とメッセージングアプリに変わっていくことになるでしょう。

Googleの参入は……?

メッセージングアプリの競争が激化していますが,その中に当然入っているべき存在が入っていないことに多くの人が気づいていると思います。そう,Googleです。Facebookは,Facebook MessengerとWhatsAppという2つのメッセージングアプリを展開し,LINEやWeChatなども力をつけてきています。その中にGoogleの名前がなかなか挙がってこないのは,とても不思議なことです。

もちろん,Hangoutというアプリケーションを早くからリリースしていますし,何もしていないわけではありません。動画でのチャットという点では,他のメッセージングアプリを寄せつけないレベルの機能を提供しています。最近ではSkypeとどちらを使うか迷うことも多いと思います。ただし,一般のユーザに広く受け入れられているかとういうと,はっきりとYesとは言えないと思います。

Googleは昨年の11月に,Hangoutsとは別のメッセージングアプリをAndroid向けにリリースしました。

このアプリはSMSやMMSを送受信するアプリであり,機能的にはとてもシンプルです。実際,Googleがこのアプリケーションをどのような思惑でリリースしたのかはわかりかねますが,現状のメッセージングアプリ市場にGoogleがどう切り込んでいくのか,今年何か動きがあってもおかしくはないのかな,と筆者は勝手に予想しています。今後の動向が楽しみですね。

著者プロフィール

田中洋一郎(たなかよういちろう)

LINE株式会社所属。Google API Expert(Chrome担当)。Mash up Award 3rd 3部門同時受賞。書籍「OpenSocial入門」「mixiアプリ開発&運用コンプリートブック」を出版。

Blog:http://www.eisbahn.jp/yoichiro
Twitter:https://twitter.com/yoichiro

著書

コメント

コメントの記入