記事一覧

次のページへ

2月24日(金)

ヒットメーカー★サムザップの流儀 ヒットメーカー★サムザップの流儀

第2回 チャレンジできる環境はいかに作られたか

プロデューサーの石原直樹氏とエンジニアリーダーの野口冬馬氏にプロジェクトの進行管理についてのお話はもちろん,野口氏のメンターでもある石原氏には,サムザップでのコミュニケーションのとり方についても取材させていただきました。

噂の超高速分析データベースを試してみよう~ログ解析,機械学習なんでもござれ~ 噂の超高速分析データベースを試してみよう~ログ解析,機械学習なんでもござれ~

第3回 あのシステムもビッグデータ分析や機械学習に活用中! 超高速データベース「Vertica」とは?[後編①]

後編となる今回は,単なるデータベースとは一線を画すビッグデータ分析プラットフォーム「Vertica」の,ログ分析をはじめとする豊富な機能について紹介します。

ドワンゴのエンジニア魂 ドワンゴのエンジニア魂

第2回 大量トラフィックを支えるインフラ~独自プロトコル,ファイルシステムの実装もいとわない!~

大幅なアップデートを実施したドワンゴのエンジニアである原耕司氏,太田健氏,川平航介氏にお話を伺い,プロトコルや分散ファイルシステムまで独自に開発したという,このプロジェクトの真相に迫った。

2月23日(木)

増井ラボノート コロンブス日和 増井ラボノート コロンブス日和

第17回 Scrapbox(2)

前回では,シンプルで強力なWikiシステム「Scrapbox」の概要を紹介しましたが,今回はScrapboxの機能についてより詳しく紹介したいと思います。

書いて覚えるSwift入門 書いて覚えるSwift入門

第23回 型は苦しい(かもしれない)が役に立つ

今回は他の言語の例も交えつつ,Swiftの型に対する姿勢を見ていくことにしましょう。

2月22日(水)

Perl Hackers Hub Perl Hackers Hub

第41回 Plack::Middleware再入門(3)

さて,いろいろなPlack::Middlewareを利用していると,CPANにはないものが欲しくなって自分で書く場面がやってきます。

2月21日(火)

MySQL道普請便り MySQL道普請便り

第39回 MySQLのドキュメントを探しにいこう

MySQLのドキュメントといえば日本語版 MySQL 5.6 リファレンスマニュアルを想像されるかと思いますが,MySQLのドキュメントにはその他のものも数多くあります。

Perl Hackers Hub Perl Hackers Hub

第41回 Plack::Middleware再入門(2)

Plack::Middlewareの3パターンについて具体的なモジュールを見ながら理解を深めたところで,CPANにアップロードされているPlack::Middlewareの中から,筆者が注目しているものをピックアップして紹介したいと思います。

2月20日(月)

Perl Hackers Hub Perl Hackers Hub

第41回 Plack::Middleware再入門(1)

本連載では第一線のPerlハッカーが回替わりで執筆していきます。今回のハッカーはbayashiこと岡林大さんで,テーマは「Plack::Middleware再入門」です。

うまくいくチーム開発のツール戦略 うまくいくチーム開発のツール戦略

第12回 「すぐに使える障害管理テンプレート」なら簡単! JIRAでラクラクIT運用業務(後編)

前編では,ITILにしたがった「インシデント管理」と「問題管理」のうち,インシデント管理の進め方を説明しました。JIRAに即導入できるテンプレートを使うことで,迷わずに進められるのではないでしょうか。

2月17日(金)

きたみりゅうじの聞かせて珍プレー きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第110回 え?帰るの?

とある金融系のシステムの開発兼維持をやっていた頃のことでした。

2月7日(火)

MySQL道普請便り MySQL道普請便り

第38回 performance_schemaのthreadsテーブル

MySQLはOracle DatabaseやPostgreSQLなどのデータベースと違い,シングルプロセス・マルチスレッド型のデータベースです。

2月1日(水)

OSSデータベース取り取り時報 OSSデータベース取り取り時報

第18回 MySQLの寿司ビール問題,Pgpool-II3.6.1リリース

MySQLはUTF-8の文字照合順に関するMySQL開発チームのブログが話題となりました。PostgreSQLのアップデートはありませんでしたが,2016年12月26日にPgpool-II 3.6.1がリリースされました。

1月27日(金)

Javaでなぜ問題が起きるのか 〜システムをきちんと運用するための基礎知識 Javaでなぜ問題が起きるのか 〜システムをきちんと運用するための基礎知識

第5回 Java VMの情報を取得する(前編)

前回は,システム運用者がJava VM(JVM),アプリケーションサーバ,Javaアプリケーションから,ログ,JMXとMBean,ダンプを使用して情報を取得する方法を紹介しました。今回と次回では,JVMからどのような情報を最低限取得するべきか,詳細を紹介します。

1月24日(火)

日本のDevOps変革を促進するバリューストリームマッピング 一般記事

日本のDevOps変革を促進するバリューストリームマッピング

アジャイルとDevOpsを組織全体に適用するための指南書『変革の軌跡』が2017年1月25日に発売されます。本書の発売を記念して,マイクロソフトの牛尾剛さんにバリューストリームマッピングについて寄稿いただきました。

噂の超高速分析データベースを試してみよう~ログ解析,機械学習なんでもござれ~ 噂の超高速分析データベースを試してみよう~ログ解析,機械学習なんでもござれ~

第2回 あのシステムもビッグデータ分析や機械学習に活用中! 超高速データベース「Vertica」とは?[前編②]

前回紹介した列指向/分散型データベースの課題を,Verticaはどのように解決しているのでしょうか。今回はVerticaの強みについて,具体的に見ていきましょう。

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門 プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第6回 KotlinでAndroidプログラミング

6回にわたり続いてきた本連載も今回で最終回です。今まで解説してきた内容をふまえて,KotlinによるAndroidプログラミングを解説します。

MySQL道普請便り MySQL道普請便り

第37回 pt-config-diffを使って設定の違いを確認する

サービスの成長に合わせて運用をしていくと,自然とサーバの台数が増えて行くことになると思います。

1月23日(月)

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門 プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第5回 null安全

前回はKotlinにおけるクラスとその周辺の機能,文法を紹介しました。今回はKotlinのユニークな機能であるnull安全について解説します。

1月20日(金)

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門 プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第4回 クラスを学ぶ

前回はKotlinの基本文法と関数について解説しました。今回はKotlinにおけるオブジェクト指向プログラミングを実現するクラスと,それを取り巻く機能を紹介します。

1月19日(木)

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門 プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第3回 Kotlinを学ぶ

前回ではKotlinの開発環境構築について解説しました。今回はKotlinのプログラミング言語としての文法や機能をじっくり紹介していきます。

1月18日(水)

うまくいくチーム開発のツール戦略 うまくいくチーム開発のツール戦略

第11回 「すぐに使える障害管理テンプレート」なら簡単! JIRAでラクラクIT運用業務(前編)

みなさん,筆者はExcelが大好きです。思いついたらExcelで,課題一覧,帳票作成(もちろんExcel方眼紙),システム構成図(もちろんExcel方眼紙),報告書(もちろんExcel方眼紙),プロジェクト管理……。

きたみりゅうじの聞かせて珍プレー きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第109回 プラーン

同僚の最初の就職先での話。

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門 プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第2回 開発環境の構築

第1回では導入としてKotlinの概要や特徴について解説しました。今回はKotlinで実際に開発を始めるための環境を整える方法を紹介します。

増井ラボノート コロンブス日和 増井ラボノート コロンブス日和

第16回 Scrapbox(1)

前回ではさまざまなファイルや書類を「フラット」に管理する方法について説明しましたが,今回はさまざまな情報をより効果的に整理し共有できる「Scrapbox」というシステムを紹介します。

書いて覚えるSwift入門 書いて覚えるSwift入門

第22回 謹賀新言語

本稿を執筆しているのは(とくに政治的に)波乱含みどころか波乱しかなかった感のある2016年末ですが,皆さんに届くころには新年気分も過ぎ,2017年という表記に読者の皆さんも慣れているころだと思います。

次のページへ