ColdFusion-開発効率を求められる今だから知りたい高性能Webアプリケーションサーバー

第2回 ColdFusionのローカル開発環境を整える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

第1回目の記事ではColdFusionがどのようなものであるかを概観しました。その結果,ColdFusionは動的Webサイトを構築することを主眼として設計されてきたため,データベースとの連携が容易なこと(cfqueryタグによるデータベース接続や,その際のエラー処理のカプセル化など),および,Webブラウザのプレゼンテーションレイヤー言語であるHTMLとColdFusionのプログラミング言語であるCFML(ColdFusion Markup Language)の親和性が高いため,HTMLベースのページを容易に作成できる(テンプレートエンジンが不要)ことが分かりました。

今回は無償で提供されているColdFusionのデベロッパー版をご自身のWindows,Mac OS XまたはLinuxにインストールし,ColdFusion Administrator(ColdFusionの管理画面)を開くところまでをご紹介します。是非ご自身のPCにColdFusionデベロッパー版をインストールしてみてください。次回以降の連載ではコードサンプルを順次掲載していきますので,ご自身のColdFusionデベロッパー版を用いて,実際にサンプルを動かすと,よりColdFusionに対する理解が深まると思います。

なお,ColdFusionは商用ソフトウェアのため,商用目的での利用の場合はライセンスを購入する必要があります。しかし,デベロッパー版及びトライアル版は開発目的のためであれば無償で使用することができます。トライアル版はインストール後30日間はColdFusion 8 Enterprise版と同等の機能を持ち,30日経過後は2つのIPからしかアクセスできないデベロッパー版に切り替わります。デベロッパー版で受ける制限は2つのIPからのアクセス制限のみなので,ローカルPCで開発をする分にはほぼ制限を受けないと言っても過言ではありません。

また,記事の最後の方でColdFusionホスティング業者をいくつか紹介しています。一般の人に向けて自分が作ったColdFusionアプリケーションを公開したい場合などは,あげさせていただいたホスティング業者を利用してみてはいかがでしょうか。

デベロッパー版をダウンロードする

まず,AdobeのColdFusion製品情報ページに行きます。

次に,右上の「次のステップ」と書かれたPODの部分の無償体験版をダウンロードというリンクをクリックします。するとAdobe IDの入力を求められます。以前にAdobe IDを作成された方(Adobeから体験版をダウンロードしたことがある人など)「サインイン」の項目にメールアドレスとパスワードを入力し,サインインします。まだAdobe IDをお持ちでない方は,「Adobe IDを作成」をクリックし,必要事項を入力してAdobe IDを取得してください。

すると,「ColdFusion Trialsのダウンロード」というページにたどり着きます。「ColdFusion 8 Developer Edition」とあるセレクトボックスから,目的のOSのデベロッパー版をダウンロードしてください(ColdFusion 8 Developer EditionもColdFusion 8 Trial Editionも同一のバイナリがダウンロードされます。インストール時にトライアル版にするかデベロッパー版にするかを選択します)。

ColdFusion 8をインストールする

それではダウンロードしたColdFusion 8をトライアル版として各OSにインストールしてみましょう。

Windowsでは通常のアプリケーションインストールと同じく,インストールはGUIで行うことができます。Coldfusion-8-win.exeをダブルクリックすると,インストーラーが立ち上がります。

Mac OS XではColdfusion-8-osx.zipを解凍し,解凍してできたアプリケーションをダブルクリックすることでGUIのインストーラーが立ち上がります。

Linuxでは,Coldfusion-8-lin.binに実行属性を付け(chmod 755 Coldfusion-8-lin.bin),ファイルを実行する(./Coldfusion-8-lin.bin)ことでCUIベース(テキストベース)のインストーラーが立ち上がります。

以降Windowsでのインストール手順を示しますが,どのOSでもほぼ同じ手順でのインストールとなります。細かい相違点はこのWindowsのインストール手順の項目の後にまとめておきました。

まず,Coldfusion-8-win.exeをダブルクリックすると言語選択画面が出てくるので,「日本語」を選択し,OKをクリックします。

図1 インストーラーの言語選択画面

図1:インストーラーの言語選択画面

次に,「はじめに」と題された画面が出てきます。インストールにあたっての説明が書かれているので適宜読んで,次へをクリックします。

図1 インストーラーの概要説明

図2:インストーラーの概要説明

次に,ソフトウェアライセンス(EULA : End User License Agreement)についての画面が出てきます。ライセンス文の中では「4.評価版ソフトウェアおよび非販売版ソフトウェア」という項目にトライアル版とデベロッパー版に関するライセンス条項が出てきますので,ColdFusionをトライアル目的で使用するに当たって,ここに書かれていることに反さないように注意してください。ライセンスに同意する場合,「使用許諾契約の条項に同意する」にチェックを入れ,次へをクリックします。

図3 ColdFusionのライセンス

図3:ColdFusionのライセンス

次に,シリアル番号を入力する画面が出てきます。シリアル番号を持っている場合はここで入力しますが,今回はトライアル版としてインストールするため「30日間トライアル」にチェックを付け,次へをクリックします(「デベロッパー版」にチェックを付けると,最初から2つのIPからの制限がかかったデベロッパー版としてインストールされてしまうため注意してください)。

図4 ColdFusionのシリアル番号入力欄

図4:ColdFusionのシリアル番号入力欄

著者プロフィール

酒井克幸(さかいかつゆき)

フリーのテクノロジーコンサルタント。サーバー選定やネットワーク設計などハードウェアレイヤーから,Webアプリケーションの実装(サーバーサイド,クライアントサイド共)などのソフトウェアレイヤーまでの幅広い経験を活かし,クライアント企業のWebアプリケーション構築支援を行っている。殊にAdobe製品(特にMacromedia)製品には精通している。

ブログcyano(シアノ)

コメント

コメントの記入