ColdFusion-開発効率を求められる今だから知りたい高性能Webアプリケーションサーバー

第8回 ColdFusionシニアマーケティングマネージャーへのインタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

去る2007年9月21日に,Adobe ColdFusionシニアマーケティングマネージャーTim Buntel氏にAdobeが描くColdFusionの将来像について伺いました。

ColdFusionの日本における現状

Tim Buntel氏

Tim Buntel氏

酒井:

北米など諸外国と比べた時,日本ではColdFusionにいまいち人気がないと言うことはご存じかと思います。このような状況をどのように思われますか。

Tim:

まず認識していただきたいことは,Webの開発者の方はどこに行っても同じ問題に直面しているということです。つまり,これまでよりもより優れたアプリケーションを作らなければいけないし,アプリケーションはより迅速に開発できないといけないし,もちろんきちんとスケールアウトできるものでなければいけないわけです。従ってColdFusionを含むWeb開発のための言語が置かれている状況というのは日本特有のものではなく,全世界共通なのです。つまり,ColdFusionが日本市場であまり認知されていないのは日本市場が特殊であるから,と言うわけではないと思うのです。我々はColdFusionはどの市場にとってもよいソリューションであると思っています。私たちが今抱えている課題は,ColdFusionがMacromediaあるいはAllieから販売されていた時と比べて,Adobeという大きな会社から販売されることになったので,もう少し市場へのアプローチの仕方を変える必要があるかとおもっています。そのために,日本のアドビシステムズ株式会社には非常に優れたマーケティングチームがおりますし,ColdFusionの販売の仕方やマーケティングの仕方,価格付けなどについて変更を加えてきました。そうすることで,日本市場におけるColdFusionの認知度がもっと上がることを期待しています。

それからもう一つ,今現在Adobeの提供するプラットフォームでは様々なことが起こっているエキサイティングな状態であると思うのです。ColdFusionはAdobeが開発しているので,Adobe FlashベースのRIA(Rich Internet Application)をはじめとして,Adobe AIR,Flex,LiveCycleなどのAdobeが提供するプラットフォームとは相性がよいことは明白でしょう。そう言った観点から日本市場に対してColdFusionが持つメリットを訴求しやすいと思っています。

酒井:

ColdFusion 8日本語版をリリースしたことで,日本でColdFusion人気は出るでしょうか。

Tim:

もちろん,先ほど述べたようなベネフィットを持っているColdFusionを広く告知するため,あらゆる事を行っていくつもりです。そのために,日本のアドビシステムズ株式会社のマーケティングチームはより良いColdFusionのエコシステムを構築するために日々頑張っています。実は今回私が東京に来るのは2回目なのですが,私たち本社の人間も日本市場でColdFusionが広がっていくのを楽しみにしています。

他のアプリケーションサーバーとの違い

酒井:

他のアプリケーションサーバー,例えばASP.NETやJ2EEと比べたとき,ColdFusionの特徴となる点を教えてください。

Tim:

この連載を読まれている方はご存じの通り,ColdFusionはJava(J2EE)上で動いています。そして,ColdFusion 8からMicrosoft .NETと連携できるようになりました。つまり,ColdFusionか.NETか,あるいはColdFusionかJavaか,と言うように,ColdFusionはASP.NETやJ2EEと競合関係にあるものではなく,互いに共存できる製品であるといえます。また,ColdFusionが他のテクノロジーと共存できるという観点から,既に.NETやJavaを使用している企業でもColdFusionを併せて使うことは可能だと思います。

また同時に,ColdFusionはタグベースの言語を使用していると言うこともあり,.NETやJavaに比べてより簡単にプログラミングをすることが可能です。普段HTMLをコーディングしているようなデザイナーの方でも,ColdFusionを使ってプログラミングをすることが可能だと思います。それとは対照的に,C#やJavaを1から覚えなければならないと言うことになったら非常に大変ですよね。従って,ColdFusionではC#やJavaのように複雑なことを覚えることなく,ColdFusionが持つポテンシャルを存分に遺憾なく発揮できると言うことです。

他のライトウェイトランゲージとの違い

酒井:

最近では手軽に動的サイトを構築できるライトウェイトランゲージ(PHPやRuby on Rails)等が人気です。同じように手軽に動的サイトを構築できるColdFusionのアドバンテージは何でしょうか。

Tim:

変数を設定する,データベースを操作するなど,動的Webサイトを構築するための基本的な機能面では,ColdFusionと他のライトウェイトランゲージとでは特に差異はないと思います。しかし,例えば,画像を操作したり,グラフを描画したり,Microsoft .NETやExchangeと連携しようと思ったり,PDFファイルを操作・作成するなど,ColdFusionを買ったその日から使える機能を他のライトウェイトランゲージで行おうと思ったら,サードパーティのライブラリやソフトウェアを導入し,またそれらの使い方を勉強する必要があるかと思います。そう言う手間がかからないことが,一番目に挙げることの出来るアドバンテージです。ColdFusionでは,ColdFusionをインストールし,CFML(ColdFusion Markup Language)という言語さえ覚えてしまえば,ColdFusionがビルドインで持っている機能を全て活用することが出来ます。対してPHPやRuby on Railsでは,ColdFusionで出来ることと同じようなこと,たとえばグラフ描画やPDFファイル操作などをしようと思った場合,より多くの労力がかかることでしょう。

また,殊にColdFusion 8からは顕著に,ColdFusionはただ単に動的Webサイトを作るだけの製品という枠組みを超えて,RIAやPDF,モバイル,帳票を作るための機能が付け足されています。従って,開発者はColdFusionのCFMLを使って動的Webサイト構築の手法を学んでしまえば,先ほど述べたAdobe AIRやモバイルやAdobe Readerなど,Webブラウザ以外の環境に対してもColdFusionを使ってアプリケーションやソリューションを提供できます注1)。それに対し,PHPやRuby on RailsはWebアプリケーションを作成することを主眼に置いているため,Webアプリケーションを作成すること以外のことは苦手です。

また,Ruby on Railsは,Ruby上で動く『Webアプリケーションを簡単に作成するために設計されたフレームワーク』です。それに対して,ColdFusionというのはフレームワークではなく,言語です。ColdFusion自体はもちろん簡単に使うことが出来る言語ですので,フレームワークを使うことなく開発することも出来ますが,すでに有志の手によって開発された様々なフレームワークの中から自分の使いやすいフレームワークを選び,それを使ってWebアプリケーションを開発することが出来ます。自分の使いやすいフレームワークを選べるというのはColdFusionの持つメリットであると思います。

注1)
Timも彼のBlogでColdFusion "Hub" slideという,ColdFusionがテクノロジーの間をブリッジするハブ役割をするという趣旨のエントリーを書いています。Adobe ShareのColdFusion "Hub" slide

著者プロフィール

酒井克幸(さかいかつゆき)

フリーのテクノロジーコンサルタント。サーバー選定やネットワーク設計などハードウェアレイヤーから,Webアプリケーションの実装(サーバーサイド,クライアントサイド共)などのソフトウェアレイヤーまでの幅広い経験を活かし,クライアント企業のWebアプリケーション構築支援を行っている。殊にAdobe製品(特にMacromedia)製品には精通している。

ブログcyano(シアノ)

コメント

コメントの記入