Hudsonを使ったアジャイルな開発入門

第2回 Hudson事始め

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この連載では,オープンソースの継続的インテグレーション(CI)サーバであるHudsonを利用した,ソフトウェア開発の生産性向上について解説しています。前回の記事では,Hudsonの紹介と,インストール手順について解説しました。今回は,実際にHudsonでプロジェクトをビルドをする過程をより詳しく見ていきます。

ジョブの種類を選ぶ

まずはHudsonの新規ジョブ作成画面(http://localhost:8080/hudson/newJob)に戻りましょう。ここでは,新しいジョブの作成に先だって,ジョブの種類を選びます。これは,IDEに似ています---ここで適切な種類を選択することによって,プロジェクトにあわせて特化したサポートが提供されるわけです。何もプラグインをインストールしない状態では次の選択肢が表示されます。

フリースタイルプロジェクトのビルド
本記事では主にこれを解説します。ソースコードをチェックアウトし,ビルドし,その結果生成されたものについて色々な処理をするという,いわゆる基本的なCIを実行するジョブです。
Maven2プロジェクトのビルド
フリースタイルプロジェクトと似ていますが,Maven2プロジェクトのみに対応しMavenと連携する結果,ほとんど設定をしないでも色々な処理が自動的に行われるようになります。Maven2でプロジェクトをビルドしているチームには便利なオプションです。これについては連載の後の方で解説します。
マルチ構成プロジェクトのビルド
ある種のプロジェクト,例えばネイティブコードを含むプロジェクトでは,同じソフトウェアを異なる環境でビルドする必要があることがあります。似たような必要性はテストを自動化する際にも起こります。この種類のビルドはフリースタイルプロジェクトと似ていますが,それに加えて,同一の設定のプロジェクトを複数の環境で同時にビルドする機能が付け加わります。これについては連載の後の方で解説します。
外部ジョブの監視
procmail やcronなど,Hudsonの外部で自動的に実行されるプロセスの実行結果をHudsonで監視する時に使います。自動的に実行されるプログラムは,往々にしてエラーの監視が疎かになりがちです。筆者はよく特定の種類のメールに自動的に応答するデーモンプログラムを書く事がありますが,エラーが起こっているのに気づかないで放置してしまうことがあるのですが,この機能を使うことで,Hudsonから結果の成功・失敗や過去の記録の閲覧をすることができます。これについても,連載の後の方で解説します。

Hudsonを最初に使う場合には,「フリースタイルプロジェクトのビルド」がお勧めです。Hudsonの中で一番古参の機能で枯れている上,魔法が少なくHudsonが何をやっているかわかりやすいという利点もあります。ここでは「フリースタイルプロジェクトのビルド」を選び,適当な名前を入力して次へ進みましょう。

ジョブを設定する

ジョブを作成するとHudsonは設定画面へ移動します。ここでどのようにジョブをHudsonにビルドさせるかを設定します。

「説明」はジョブのトップページに表示されるHTMLを入力する部分です。プロジェクトの数が増えてくると,名前だけでは何をするジョブなのかわからなくなってくるので,そうした場合にこのフィールドを利用しましょう。筆者の環境では,バグトラッカーやソースコードリポジトリブラウザ,プロジェクトのポータルページなど,プロジェクトの他の関連リソースへのリンクを記述しておくことも頻繁に行われます。ジョブが何の目的で使われているのか,誰が責任者なのかといったことも,書かれていると便利です。

著者プロフィール

川口耕介(かわぐちこうすけ)

Sun Microsystems, Inc.のシニアスタッフエンジニア。主としてXMLとのそのスキーマ言語関係の仕事をし,JAXB, JAXP, JAX-WSなどの仕様策定・実装に携わった。仕事の他にも,主にjava.netに多数の趣味のプロジェクトをホストしている。Hudsonは趣味のプロジェクトとして開始したが,今では本業の一部。米国カリフォルニア州在住。

URLhttp://www.kohsuke.org/

コメント

コメントの記入