分散Key/Valueストア,Kaiを使ってみよう!

第2回 Kai の基礎 ─Kaiのインストールと基本的な使い方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

今回からKaiの使い方を説明させて頂きます,株式会社ゼロの幾田と申します。Kaiの良さを少しでも皆様にお伝えする事ができれば幸いです。

第2回目となる今回は,Kaiのインストール方法や,基本的な使い方を説明します。なお,本連載が対象とするKaiのバージョンは0.4,Erlang のバージョンはR13Bです。

Erlang のインストール

Kaiは,Erlang言語で作成されている都合上,Erlang VM上で動作します。そのため,Kaiをインストールする前に,Erlangの環境を構築する必要があります。

Erlangは古くから存在する枯れた言語であるため,多くのプラットフォームでパッケージが提供されており,比較的簡単に環境を準備する事ができます。

プラットフォームとパッケージコマンドの例は,次のとおりです。

プラットフォームパッケージコマンド例
Fedorayum install erlang
Ubuntu, Debianapt-get install erlang
FreeBSDportinstall erlang
Mac OSXport install erlang

また,Erlangの公式サイトではWindows向けにインストーラ付きのバイナリも提供されています。

ここでは,公式サイトからソースコードをダウンロードし,CentOS 5.3上でコンパイルする方法を説明します。

なお,執筆時のErlangの最新バージョンはR13Bであるため,本連載ではR13Bを用いて説明します。しかし,Kaiの推奨バージョンはR12B以上ですので,ご利用のプラットフォームが提供するErlangパッケージのバージョンがR12B以上であれば,そちらをご利用されても差し支えありません。

もし,パッケージからErlang をインストールするのであれば,インストールの説明をスキップし,Erlang VMの起動まで進んでください。

Erlangのソースコードは,Erlangの公式サイトから取得できます。

ダウンロードページからR13Bのソースコード(53.1 MByte)をダウンロードしてください。

Erlang のコンパイルは,一般的なアプリケーションと同じく,configure,make,make installで行います。

CentOS 5.3を最小構成でインストールした環境では,configureの前に gcc,gcc-c++,make,perl,ncurses-devel,openssl-devel,unixODBC-develをyumでインストールしておく必要があります。

なお,jinterfaceは,configureの引数で無効にしてありますが,有効にする場合は,JDKを事前にインストールしておいて下さい。

また,configure実行時にwxWidgetsがインストールされていない旨のWARNINGメッセージが表示されます。wxErlangのご利用を予定されている方は,wxWidgetsを事前にインストールしておいてください。

$ wget http://www.erlang.org/download/otp_src_R13B.tar.gz
$ tar -zxvf otp_src_R13B.tar.gz
$ cd otp_src_R13B
$ ./configure --enable-threads --enable-kernel-poll --enable-smp-support --enable-hipe --disable-jinterface --prefix=/usr/local/erlang
$ make
$ sudo make install

無事インストールが終わるとerlコマンドでErlang VMが起動し,Erlangの式を受け付けるコンソールに入れます。

$ /usr/local/erlang/bin/erl
Erlang R13B (erts-5.7.1) [source] [64-bit] [smp:2:2] [rq:2] [async-threads:0] [hipe] [kernel-poll:false]

Eshell V5.7.1  (abort with ^G)
1> q().   <- 終了コマンド
ok

これ以降は,"/usr/local/erlang/bin" にパスが通っている事を前提に説明を行います。

以上で,Erlangの環境構築が終わりましたので,これでKaiのインストールを行う事ができます。

Kaiのインストール

本連載が対象とするKaiのバージョンは,執筆時の最新リリースが0.4です。そのため本稿では,0.4のソースコードをコンパイルする方法を説明します。

Kaiのソースコードは,SourceForgeから取得できます。

KaiのプロジェクトページのタブメニューからDownload > Browse All Packagesと辿り,kai-0.4.0.tar.gzをダウンロードします。もしくは,KaiのSubversionのリポジトリからsvnコマンドを用いて取得します。

現在のところ,KaiではGNU Autotoolsを使用していないため,コンパイル時にconfigureを使用しません。

また,KaiのMakefileは,GNU makeに依存した書き方をしているため,FreeBSDでコンパイルする場合は,makeではなくgmakeを使用してください。

$ svn co https://kai.svn.sourceforge.net/svnroot/kai/tags/0.4.0/ kai-0.4.0
$ cd kai-0.4.0
$ make   <- FreeBSD であれば gmake

Makefileのターゲットとしてinstallは定義されていませんので,コンパイルしたディレクトリがインストールしたディレクトリとなります。

また,Makefileのターゲットとしてtestが定義されているのですが,開発者向けの内容であるため,本連載では説明しません。もし,ご興味がおありでしたら,ErlangのR12B から付属するCommon Testという標準モジュールを調べてみてください。

以上で,Kaiのインストールは終わりです。

著者プロフィール

幾田雅仁(いくたまさひと)

酪農,ゴルフのキャディさん,某大手パソコン通信の下請け,某大手ポータルサイトなどを経て,決済代行を生業とする株式会社ゼロに入社。

p2p?なにそれ?美味しいの?の状態で,Erlang 分散処理勉強会に参加し,Kai のプレゼンを見て感銘を受け,無理矢理開発に参加し,現在に至る。

コメント

コメントの記入