MilkcocoaでBaaSを体験!~バックエンドの仕組みと使い方~

第11回(最終回) BaaSのまとめと,今後のアプリケーション開発で必要とされること

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

本特集では主にMilkcocoaを通して,BaaS(Backend as a Service)の使い方を体験していただきました。今回はまとめとして,国内外のBaaSについて紹介を行い,BaaSを利用した開発が今後どのようになっていくか,そもそもバックエンドとは何なのかを考えたいと思います。

そもそもBaaSとは?

そもそもBaaSとはバックエンドの機能をAPI化したものです。バックエンドの機能とは,データの保存,Pub/Sub型通信,認証,検索などです。開発者がバックエンドを意識せずに開発ができるということで,たとえばフロントエンドのエンジニアだけでとか,デバイスのエンジニアだけでサービス全体の開発が可能になります。

図1 そもそもBaaSとは

図1 そもそもBaaSとは

国内外のBackend as a Service

国内外のBaaSについてまとめてみたいと思います。iPhoneやAndroidのネイティブアプリケーションに特化したBaaSサービスのことをmBaaS(mobile BaaS)と呼ぶこともあるのですが,mBaaSも広義ではBaaSなので,今回はBaaSとmBaaSはあまり区別せずに紹介したいと思います。

Parse.com

図2 Parse.com

図2 Parse.com

2013年にFacebookが買収し,運営する,老舗BaaSです。BaaSの中ではかなり初期から登場したサービスで,年を重ねるごとに多機能になっていきます。安定感があるイメージです。ノハナの田中和紀さんがこちらの記事(⁠mBaaSの「今」がわかる!ぶっちゃけ仮想パネルディスカッション!』⁠でParse.comについて言及しています。おそらく国内で一番Parse.comを使っている方です。

ParseのIoT対応

2015年3月にParseがIoT対応をしてました(IoTについてはgihyo.jpでも言及されている記事を参考にしてください)⁠ArduinoやRaspberry Piなどのマイコンボード上で動作するSDKが公開されていて,より一層様々なデバイス・プラットフォームに対応しています。

このあとに紹介するBaaSサービスも2015年前半からIoT対応してきたものが多くあり,モノとInternetを繋げ易くなっているとも言えるでしょう。

PubNub

図3 PubNub

図3 PubNub

IoT向けのBaaSです。対応SDKがかなり多く,たとえば組込み向けだけでmBedやArduinoなど10以上存在します。M2M用のプロトコルであるMQTT(MQ Telemetry Transport)にも対応しています。リアルタイム通信の機能を使いたいという場面でも利用できます。

Firebase

図4 Firebase

図4 Firebase

2014年にGoogleが買収し,Google Cloud Platformに取り込んでいます。WebSocketによるリアルタイム通信に特化したBaaSでJavaScript,iOS,Javaに対応しています。

著者プロフィール

菅原のびすけ(すがわらのびすけ)

株式会社LIG エンジニア。1989年生まれ。岩手県立大学在籍時にITベンチャー企業の役員を務める。

同大学院を卒業後,株式会社LIGにWebエンジニアとして入社し,Web制作に携わる。

最近は特にIoT領域,インタラクティブな企画実装などに従事している。

マッシュアップアワードを始めとしたハッカソン等で入賞歴あり。

家賃0円クリエイターズシェアハウス第1期生。ジーズアカデミー第1期メンター。

LIGinc,HTML5Experts.jp,さくらのナレッジ,gihyo.jpなどでも執筆・寄稿をしている。

Milkcocoaエバンジェリスト,特技はわんこそば,趣味は雪合戦。

Twitter:@n0bisuke

LIGincプロフィール:http://liginc.co.jp/member/member_detail?user=nobisuke


部谷修平(ひやしゅうへい)

株式会社Technical Rockstars 代表取締役社長。1988年生まれ。2007年に私立ラ・サール学園高等学校を卒業。九州大学大学院システム情報科学府在籍中。IPA未踏ユース2010年度スーパークリエータ,国際学会でDomain Specific Modelingの論文発表。学生時代に開発したcloocaは,現在でも大学の授業や研究などで利用されている。学生結婚と同時に2012年,株式会社Technical Rockstars設立。

コメント

コメントの記入