組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!

第4回 PICTの機能説明と使用例 (中編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

モデルオプション

PICTでは,モデルオプションとしてさまざまな機能を提供しています。今回と次回に分けて詳しく解説していきます。

制約条件

パラメータの組み合わせを行う場合,組み合わせることのできない値の組み合わせが現れることがあります。たとえば,最大2台のハードディスク(HD)が収容可能な,あるパソコンの構成モデルを表すリスト1の場合,HD1とHD2の両方が「なし」という構成はできません。少なくとも一方のHDは「なし」以外でなければなりません。この組み合わせることのできない条件を制約条件といいます。組み合わせテストでは,制約条件のある場合が少なくありません。

リスト1 パソコンの構成モデル

メモリ:  1GB, 2GB, 4GB
HD1:     なし, 250GB, 500GB, 750GB
HD2:     なし, 250GB, 500GB, 750GB

制約条件表

制約条件は,表1の制約条件表でモデル化することができます。制約条件を表の形式で表すことができるので理解しやすくなります。また他の人に制約条件を説明するのにも便利です。

表1 パソコンの構成モデルの制約条件表

パラメータ値セット1値セット2
HD1250GB, 500GB, 750GBなし, 250GB, 500GB, 750GB
HD2なし, 250GB, 500GB, 750GB250GB, 500GB, 750GB

表1は,値セット1と値セット2の可能な2つの値の組み合わせに分かれるという制約条件を表しています。この場合のメモリのように,表に明記されていないパラメータが存在する場合,そのパラメータには制約条件がないことを意味します。

表1は2パラメータ間の制約条件ですが,現実には3パラメータ間以上にわたる制約条件もありえます。たとえばリスト2のモデルがあるとき,その制約条件表が表2であるとします。

リスト2 モデルの例

A:   a1, a2, a3, a4, a5
B:   b1, b2, b3, b4, b5
C:   c1, c2, c3, c4, c5
D:   d1, d2, d3, d4, d5

表2 リスト2の制約条件(1)

パラメータ値セット1値セット2値セット3
Aa1a2a3
Bb1b2b3
Cc1c2, c3, c4, c5c2, c3, c4, c5
パラメータ値セット4値セット5
Aa4a5
Bb4b5
Cc2, c3, c4, c5c2, c3, c4, c5

表2は,3パラメータ間にわたる可能な組み合わせが5つに分かれることを示しています。PICTでは3パラメータ間以上にわたる制約条件も容易に取り扱うことができます。

以上は制約条件の結果,複数の可能な組み合わせに分かれる場合でしたが,制約条件によっては可能な組み合わせが1つの場合もありえます。リスト2のモデルで組み合わせが1つの場合の例を表3に示します。

表3 リスト2の制約条件(2)

パラメータ値セット1
Aa1, a2, a3, a4
Bb1, b2, b3, b4

表3は,パラメータAの値のうちa5はパラメータBのすべての値と組み合わせ可能ですが,a1, a2, a3, a4はパラメータBの値b5とは組み合わせできないことを示しています。

制約条件の指定ができなければテスト業務で実用的に使用することはできません。また,いかに容易に制約条件の指定ができるかも重要な点です。

モデルファイルを作成する際は,この制約条件をPICTに指示します。制約条件には,条件付き制約無条件制約の2種類があります。PICTでは制約条件の記述に独自のスクリプト言語を用いており,それが制約条件の指定を極めて柔軟なものにしています。

制約条件の記述は,パラメータを [ ] で囲み,値が文字列の場合は," " で囲み,ステートメントの末尾は ; で終わります。

著者プロフィール

鶴巻敏郎(つるまきとしろう)

岩崎通信機株式会社でビジネスボタン電話機,構内PBXなどのソフトウェア開発を担当。

デジタルコードレス端末(PHS)のソフトウェア開発を経て,2002年より岩通ソフトシステム株式会社に出向。以来,統合テストを中心に組込み系機器のテスト業務にあたる。

URLhttp://www.iwass.co.jp/index.html

コメント

コメントの記入