組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!

第6回 PICTをより使いやすくする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Excelベースのテスト仕様書

読者の皆さんはテスト仕様書をどのようなソフトを使って作成しているでしょうか。

Wordで作成している。Excelで作成している。テストケース管理の専用ツールで作成している。など,いろいろなケースが考えられますが,最も多いのはExcelで作成しているケースではないでしょうか。

Excelでテスト仕様書を作成することには多くの利点があります。たとえば,テスト結果の集計が容易にできること。テストケースを作成する際の作表作業が簡単にできること。複数のワークシートを使用することでテスト項目の管理が容易に行なえること。入力規則を使用することで入力ミスを減らせること。などなど,Excelにはテスト仕様書を作成するのに向いた機能がそろっています。テストケース管理の専用ツールもよさそうですが,実際のテストのやり方に合わせてカスタマイズする,といった機能は貧弱だと思われます。その点,Excelではカスタマイズは自由です。また内蔵しているVBA(Visual Basic for Applications)を使用することで専用ツール顔負けの機能を持たせることもできます。

ExcelをPICTのGUIフロントエンドとして使う

PICTそのものはコマンドプロンプト上で動作するCUI(キャラクタ ユーザ インターフェース)ベースのアプリケーションです。今となってはコマンドプロンプトになじみのない人が大半です。コマンドプロンプト上で動作するPICTに抵抗感を感じる方も少なくないと思います。コマンドプロンプト上で動作させて,テスト仕様書にテストケースとして組み込むまでに文字コードを2回変更し,Excelでファイルを読み込むなどいろいろな作業をしなければなりません。このように,PICTそのものだけでテストケースを作成しようとすると,かかる手間がばかになりません。

Excelでテスト仕様書を作成しているのなら,Excel上で組み合わせテストケースも生成できたらとても便利になりますね。これを実現したのが今回紹介するExcelのBookである「PICT活用シート」です。これは筆者が製作したものです。PICT活用シートは,CUIベースのPICTにExcelのGUI(グラフィカルユーザインターフェース)ベースの皮をかぶせます。イメージ的には図1のようになります。

図1 PICT活用シートのイメージ

図1

図1に示すように,ユーザからはPICTの存在はまったく見えません。GUIベースですべての作業を行うことができます。

PICT活用シートは次に示す5つのソフトの連携で動作します。

  1. ExcelのVBA
  2. コマンドプロンプト
  3. バッチファイル
  4. 秀丸エディタ
  5. PICT

VBA(Visual Basic for Application)は,Excel用のプログラミング言語(Visual Basic)です。PICT活用シートではVBAを使用することでExcelのさまざまなGUIをコントロールします。またモデルファイルの作成,バッチファイルの作成,コマンドプロンプトの起動およびバッチファイルの実行も行ないます。さらにユーザの指定に応じて生成結果の並び替え,罫線を描くなどの処理も行ないます。

コマンドプロンプトのバッチファイルは,秀丸エディタの起動とPICTの実行,およびPICTの実行結果を判断し,必要に応じて秀丸エディタを異なる条件で起動します。 秀丸エディタは,モデルファイルとPICTが出力したファイルの文字コードの変換をエディタのマクロを使って実行します。

PICTはモデルファイルの構文解析と組み合わせ生成エンジンの役割を果たします。

以上で述べた内容を含め,PICT活用シートでテストケースを生成するイメージを図2に示します。

図2 より詳しいPICT活用シートでテストケースを生成するイメージ

図2

図2はイメージであり,実際にコマンドプロンプト上でPICTと秀丸エディタを制御しているのはバッチファイルです。

著者プロフィール

鶴巻敏郎(つるまきとしろう)

岩崎通信機株式会社でビジネスボタン電話機,構内PBXなどのソフトウェア開発を担当。

デジタルコードレス端末(PHS)のソフトウェア開発を経て,2002年より岩通ソフトシステム株式会社に出向。以来,統合テストを中心に組込み系機器のテスト業務にあたる。

URLhttp://www.iwass.co.jp/index.html

コメント

コメントの記入