Java Expert+gihyo.jp Presents Sun Microsystems, Inc.スペシャルインタビュー集

Sunが展開する統合開発環境戦略 NetBeans/Sun Studioの狙い

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

NetBeansの魅力

Product Line Manager Sun Studio,
Kuldip Oberoi氏。

Product Line Manager Sun Studio,Kuldip Oberoi氏。

「まず,NetBeansですが,実際のところ2,3年前までは他の開発ツールと比べて遅れを取っておりました。3.xは品質的にまだまだ実用途に耐えうるレベルではなかったのです。

しかし,4.0になり実行速度が速くなり,5.0では新機能の追加や安定性の向上,プラグインアーキテクチャの採用により,格段に良い製品として仕上がりました。そして,5.5をリリースし,大幅な新機能,とくにPackという形での追加機能を用意してたくさんのユーザを獲得できました。Packには,BPELなどに対応したエンタープライズ向けのEnterprise Packや,CLDL/MIDP開発をサポートするMobility Packなどが用意されています。このような機能拡張の結果,業界内で非常に高く評価されました。

そして,最新の6.0ではさまざまな改良が行われます。まず,編集機能が大幅に強化される点です。変数やキーワードの自動解釈による高速なコード作成,Ruby/JRubyの標準サポート,新プラグインマネージャによるインストール/管理の簡易化などです。

2週間後にベータ版リリース(取材後2007年9月18日にリリースされました),2007年末に正式版リリースを予定しています」。

Sun Studioのこれから

「一方のSun Studioは,C/C++,Fortranなどの言語に関して,標準の開発環境として位置付け提供しています。現代のソフトウェア開発では,マルチコアプロセッサの対応だったり,異なるバージョンのOSで稼働するバイナリ,異なるOSで稼働するバイナリといった機能が重要になります。

Sun Studioでは,これらについてマルチコアプロセッサに最適なコンパイル環境やLinux/Solarisどちらでも実行可能なバイナリの作成などを実現できます」。

ミーティングルームのホワイトボードを使い,Sun StudioやNetBeansの位置付け,関係性を示しました。

ミーティングルームのホワイトボードを使い,Sun StudioやNetBeansの位置付け,関係性を示しました。

画像

NetBeans
http://www.netbeans.org/
Sun Studio
http://developers.sun.com/sunstudio/

コメント

コメントの記入