Java Expert+gihyo.jp Presents Sun Microsystems, Inc.スペシャルインタビュー集

Sunのグローバルビジネス戦略 “Volume drives value”

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Volume drives value

「Sunが取り組んでいるものの1つに,スタートアップ企業の支援があります。これは,設立4年未満,従業員数100人以下という条件で,Sunが認定したスタートアップ企業に対して,各種サポートを行うものでSSESun Startup Essentialasと呼んでいます。

認定された企業は,Sunの各種製品を特別価格で購入したり,Sunのエンジニアによるサポートを受けるなど,各種ベネフィットが用意されています。また,ハードウェア購入まで必要がない場合でも,Sunのハードをホスティングとして利用したり,また,ホスティングベンダと協力して,さまざまなサービスを展開していく,といったことが可能です。

SSEでは,Sunは直接的にすぐ利益を求めているわけではなく,多くの可能性のある企業に私たちの製品/技術を使ってもらい,その結果として会社拡大,利用者の増加とともに,私たちのビジネスが大きくなり,そこに価値が生まれることを目指しています。

これは,Volume drives value(量こそ価値である)という私たちの理念に基づいた考え方です。

SSEは,2006年11月にアメリカの企業を対象にスタートし,続いて2007年8月に中国/インドの市場を対象としました。今後はヨーロッパへの展開を狙っています。日本はつねに候補の1つとして挙がっており,今後日本での展開も検討したいと考えています」。

Vice President, Marketing Market Development,Juan Carlos Soto氏。
同氏はProject JXTAのマネージャーを務めるなど,技術にも精通しています。

Vice President, Marketing Market Development,Juan Carlos Soto氏。同氏はProject JXTAのマネージャーを務めるなど,技術にも精通しています。

eco innovation

「今,私たちが掲げている戦略としてeco innovationがあります。これは「economy(経済)」と「ecology(環境)」,2つのecoを意識した取り組みを意味します。

仮想か技術などを中心とすることで,1つのハードウェアに対する使用稼働率は高まり,物質的な投資に対しての費用対効果が高まります。その結果,電力を節約することにもつながり,それは環境に優しいということへつながります。このように,仮想化や統合化といった技術的な戦略から,2つのecoを改善していきたいという,私たちの目標の現れです。

最近の技術で言えば,Chip Multithreading TechnologyやProject Blackboxもそれを具現化した技術,製品と言えますね」。

オープン化とともに広がるSunの技術

「今,Sunは良い方向へ進んでいます。その理由の1つにここ数年推進している技術のオープン化,オープンソース化です。とても大きな決断ではありましたが,市場からの評価は高く,また,多くの開発者にとっても快く受け入れられています。

ぜひ開発者の皆さまには,私どもSunが提供する技術/製品に触れていただき,皆さまのニーズに合わせた形で活用していただきたいです」。

コメント

コメントの記入