初心者でもできる! 7日間で作るUnityゲーム開発

Day5:プロの声優さんの音声をゲームに取り入れる!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

プロ生ちゃんの音声ファイルを追加する

前回の記事ではタイムトライアル機能を追加してゲーム性を強化しました。時間を競うという要素が加わることでゲームらしくなってきましたが,華やかさが足りません。そこで今回はプロ生ちゃんの音声を追加してゲームに華やかさを加えていきたいと思います。

プロ生ちゃんの音声は声優の上坂すみれさんが担当

プロ生ちゃんの音声ファイルは無償公開されています。非商用・非営利かつ無償での配布であり,個人や法人格のない団体(サークルなど)であれば,アプリや動画などに使うことができるそうです。詳しくは,利用ガイドラインを見てみてください。

プロ生ちゃんの音声ファイルのCVは,『中二病でも恋がしたい!』の凸守早苗役などでおなじみの上坂すみれさんが担当されています。プロの声優さんの音声を自分のゲームで使うことができるなんで夢のようですよね。詳しい情報はプログラミング生放送Webサイトにあるので見てみてください。

プロ生ちゃん音声ファイルをダウンロードしてUnityに取り込む

以下のURLにアクセスして「kei_voice_201404」をダウンロードしてください。

ゲーム内で使用する音声ファイルをUnityに取り込みます。UnityのProjectにSoundsフォルダを作成します。Projectの[Create]ボタンをクリックし,表示されたコンテキストメニューの[Create][Folder]を選択します。作成されたFolder名を「Sounds」に変更してください図12)。

図1

図1

図2

図2

先ほどダウンロードしたkei_voice_201404.zipを解凍して,kei2/mp3フォルダの中にあるkei2_voice_264.mp3,kei2_voice_266.mp3,kei2_voice_268.mp3 ,kei2_voice_270.mp3を先ほど作成したSoundsフォルダにドラッグアンドドロップします図3)。

図3

図3

これでProjectのSoundsフォルダに4つのmp3ファイルが取り込まれました。その4つのファイルの3Dサウンドを無効化します。3DサウンドについてはDay3で説明しているので,忘れてしまった人は読み直しておいてください。Soundsフォルダのkei2_voice_264をクリックして表示されたInspectorの3D Soundのチェックを外してApplyボタンをクリックします図4)。

図4

図4

同様の手順をその他の3つのファイルについても行ってください。

音声ファイルを再生して台詞を確認してみる

先ほど取り込んだ4つのmp3ファイルを再生して台詞を確認してみましょう。ProjectのSoundsフォルダのkei2_voice_264をクリックして表示されたInspectorの下のほうにある音声の波形グラフの左端をクリックすると,音声ファイルを再生することができます図5)。

図5

図5

kei2_voice_264が「張り切って行こう!」,kei2_voice_266が「行っくよー!」,kei2_voice_268が「それっ!」,kei2_voice_270が「やったー!」という台詞です。

ファイルと台詞の対応表が以下のURLに公開されているので,ほかにも使いたい音声がないか探してみるのもいいかもしれません。

著者プロフィール

やまろう

フリーランスITエンジニア。

業務系SIerに10数年勤務後独立。現在はUnityでスマートフォンのネイティブゲーム開発に従事。仕事の傍ら,個人でフリーゲームを開発している。

URL: http://mikumikuplay.com/

ニコニコ生放送にてプログラミングに関する生放送を配信中。
http://com.nicovideo.jp/community/co2268886

コメント

コメントの記入