Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション

第10回 Adobe AIR ベータ2公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Beta 2のダウンロード

米シカゴにてMAX 2007が開催される中,10月1日にAdobe AIR Beta 2が公開されました。Beta 1からは大きな変更点もあり,これまで作成したAIRアプリケーションはそのままでは動作しなくなっています。開発ツールもバージョンアップしているので,それらも含めて主な移行のポイントを見ていきましょう。

新しい外観のインストーラ

新しい外観のインストーラ

AIRファイルの
アイコンも変わった

AIRファイルのアイコンも変わった

AIRランタイムや開発ツールはいつものようにAdobe Labsからダウンロードできます。Beta 1とBeta 2のランタイムは共存が可能ですが,Beta 1の有効期限は2007年12月11日となっています。それまでに既存のアプリケーションの移行を進めたほうがよいでしょう。Beta 2用の開発ツールとしては,Adobe Flex Builder 3 Public Beta 2Flex 3 SDK beta 2Adobe AIR SDKAdobe AIR Extension for Dreamweaver Beta 2Adobe AIR update Beta 2 for Flash CS3 Professionalが公開されています。

なお,Flash CS3用のアップデータは前回と同じく日本語版が用意されていますので間違えないよう入手してください。インストール前には旧バージョンのアンインストールが推奨されています。以下がその手順です。

[Macintosh]
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/ 以下の AIK フォルダを削除
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/First Run/Commands 以下の次のフォルダ/ファイルを削除
    • AIR フォルダ
    • AIR - Application and Package Settings.jsfl
    • AIR - Package AIR File.jsfl
  • ドライブ名:/Users/<ユーザ名>/Library/Application Support/Adobe/Flash CS3/ja/Configuration/Commands/ 以下の次のフォルダ/ファイルを削除
    • AIR フォルダ
    • AIR - Application and Package Settings.jsfl
    • AIR - Package AIR File.jsfl
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/Configuration/External Libraries 以下の FLAir.bundle を削除
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/Configuration/ Players 以下の AdobeAIR1_0.xml を削除
[Windows]
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ 以下の AIK フォルダを削除
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\First Run\Commands\ 以下の次のフォルダ/ファイルを削除
    • AIR フォルダ
    • AIR - Application and Package Settings.jsfl
    • AIR - Package AIR File.jsfl
  • ドライブ名:\Document and Settings\<ユーザ名>\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS3\ja\Configuration\Commands\ 以下の次のフォルダ/ファイルを削除
    • AIR フォルダ
    • AIR - Application and Package Settings.jsfl
    • AIR - Package AIR File.jsfl
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\External Libraries 以下の FLAir.dll を削除
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\Players 以下の AdobeAIR1_0.xml を削除

上記の作業を行わない場合は,アップデータを上書きインストールした後にクリーンアップスクリプト(Beta 1 CleanUp Script)を使って不要なファイルを削除します。クリーンアップスクリプトはアップデータと同じ場所から入手できます。これを実行するには,JSFLファイルとして保存しFlashの[コマンド]→[コマンドの実行...]から選択します。

アプリケーション記述ファイルの変更点

では,Beta 2で仕様が変更された主なポイントを追っていきましょう。まず,アプリケーション記述ファイルの書式が一部変わっています。変更点は次の通りです。

  • xmlnsの値がhttp://ns.adobe.com/air/application/1.0.M5となった。
  • <rootContent>要素が削除され,代わりに<initialWindow>要素が追加された。
  • <rootContent>要素の各属性は<initialWindow>要素の子要素になった。
  • <initialWindow>要素下の<visible>要素を省略した場合のデフォルト値はfalseになった。

以下は新しい書式のサンプルです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> 
<application appId="jp.anthill.SampleApp" version="1.0" 
	xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/1.0.M5"> 
	<name>SampleApp</name> 
	<title>Sample Application</title> 
	<description>A sample application</description> 
	<copyright>(c)2007 ants Inc.</copyright> 
	<initialWindow> 
		<title>Sample Application</title> 
		<content>SampleApp.swf</content> 
		<systemChrome>none</systemChrome> 
		<transparent>true</transparent> 
		<visible>true</visible> 
		<width>640</width> 
		<height>480</height> 
	</initialWindow>
</application>

なお,アプリケーション記述ファイルとは直接関係ありませんが,アイコンとして指定できる画像フォーマットがPNGのみになっているので注意してください。

著者プロフィール

タナカヤスヒロ

早稲田大学卒業後,DTP業務を経てマルチメディア系制作会社へ。Macromedia Directorにのめり込む。フリーランスとなりFlashにシフトしてからもデスクトップ絡みの仕事が絶えず,Apolloにも勝手に縁を感じている。現在株式会社antsに所属。ants Lab.にも記事を上げている。

URLhttp://labs.anthill.jp/

著書

コメント

コメントの記入