アジャイル トランスペアレンシー ~アジャイル開発における透明性の確保について~

第6回 アジャイル開発と知識創造

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

はじめに

本連載では,⁠透明性」というキーワードで,アジャイル開発について説明してきました。最終回の今回は,⁠透明性」を高めるということの意味を,形式知と暗黙知という観点から考えてみたいと思います。

アジャイル開発における「透明性」の確保

ソフトウェアの所有者である顧客が,本当に自分が欲しいソフトウェアに少しでも近づけるように,フィードバックを繰り返しながら仕様の微調整と機能拡張を繰り返すのが,アジャイル開発の基本です。その為に,開発者側は,顧客に対し,可能な限り分かりやすい形で,また可能な限り早いタイミングで,ソフトウェアを見せるように努めることが必要です。更に,開発チーム内部でも,お互いの作業状況を常時公開し合い,個人で作業を抱えるのではなくチームとして作成途中の成果物を共有することが必要です。このように,アジャイル開発では,ソフトウェアの開発途中での情報の流通量は圧倒的に多く,透明性が高いと言えます。

形式知重視の弊害を越えて

「透明性の確保をする」とは,⁠見える化」を実践することです。しかし,⁠見える化」の実践をしようとすると知識の表出化(文書化・データ化)を連想しがちです。開発プロセスの中で,細かく情報を取り出し,形式化・定形化といった加工を施して,他人が判断な可能な情報にして伝達する。それ自体は,情報共有を進める上で欠かせないものです。

また,文書の整備や,計測目的でのトラッキング等,情報を測定可能性を高めるべく形式化・定形化してゆく作業は,繰り返し作業の効率化や人為的なミスの削減には貢献します。しかし,創造的な作業を行うに当たっては,むしろ弊害になりかねません。

ソフトウェア開発以外の分野では,還元主義的・合理主義的な手法だけでは,物事の本質を捉えることができないという考え方が,20世紀後半では一般的になっていました。経営学や組織理論といった分野では,企業文化や,個人または組織の自律性といった,目に見えない人と人との相互作用が,組織の優劣を分ける要因となるという考え方は,常識となりつつあります。例えば,ドラッガーの知識社会や,コアコンピタンス経営理論,各種イノベーションに関する理論,ラーニングオーガニゼーション理論等,多数あります。

また,複雑適応系理論のように,秩序だった定形的なプロセスではなく,絶えず変化する環境の中でこそイノベーションが生まれるという考え方は,学問の分野を越えて,大きな影響を与えました。自律した個々の主体の相互作用により,全体が個々の総和よりも大きくなるという「創発」の理論は,創造的な組織活動を考える局面において,大きな理論的転換となっています。

アジャイルへの影響

アジャイル開発手法も,そのような人間の相互作用を重視する流れの中で,生まれてきています。たとえば,ハイスミスの適応型ソフトウェア開発手法は,その名が示すとおり,複雑適応系の理論を,その背景に据えています。スクラムも,その理論的背景として,知識創造理論や組織学習の理論を引用しています。他のアジャイル開発手法も,程度の多寡はあれ,そのような時代背景に影響を受けているのです。そして,こういった背景を理解することで,アジャイル開発手法がもつ,プラクティスの意味がよりはっきりと見えてきます。

暗黙知と形式知

ここでは,相互作用を重視する理論の一つとして,野中郁次郎先生の知識創造の理論をご紹介します。理論自体は1990年代初頭のものとなります。

この知識創造の理論では,知識を,形式知と暗黙知に分けて整理します。形式知とは,言葉や図で文書なりに表されていて,見たり聞いたりすることで習得することが可能な知識です。暗黙知とは,経験やノウハウとして各個人の中に溜まっている洞察力,直感,経験値といったもので,言語化されていない知識を指します。

そして,組織の知識創造とは,形式知のみならず,暗黙知も大切であり,形式知と暗黙知,個人と組織の間で知識交換が起こる過程で,新たな知識が創出されるというのが,知識創造理論です。

画像

個人の知恵は形式知として表出化します。
(暗黙知から形式知への転換)

その形式化した知識は,集まって連結化されることで,さらに新たな価値を生み出します。
(形式知から形式知への転換)

それらの知識は,個人によって咀嚼されることで,内面化されます。
(形式知から暗黙知への転換)

そして,共通体験を通じてその知識を共同化することで,新たな価値を生み出します。
(暗黙知から暗黙知への転換)

そして,組織を管理する側は,暗黙知を含めた知識創造のスパイラルが,円滑に回るように働きかける必要があるのです。

著者プロフィール

設楽秀輔(したらしゅうすけ)

1994年,慶応義塾大学経済学部卒業。エンターテインメント系企業にて経営管理を経験後,システムインテグレータとして金融アプリケーションなどのソフトウェア開発に従事。2007年,株式会社テクノロジックアートに入社し,現在に至る。

テクノロジックアートアジャイル開発グループグループリーダー。認定スクラムマスター。会計士補。

コメント

コメントの記入