小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#23 えとらぼ 衛藤バタラ,廣瀬正明,大沢和宏,松野徳大

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

えとらぼでの仕事

弾:入ってみて,えとらぼは職場としては楽しいですか?

松:そうですね。入ったとき思ってたのとだいぶ違うコードはいっぱい書いてますけど(笑⁠⁠。僕はもともとサーバサイドのコードを書こうと思ってたんですけど,今はクライアントアプリケーションを結構書いてます。手さぐりですけど,やったことがないことが多いのでおもしろいですね。たとえば,Visual Studioとか使ったことなかったので。

弾:え? Visual Studio使うような何かが?

バ:クライアントのアップローダがあるんですけど。

松:ネイティブのWindowsのアプリケーションが。

バ:ネイティブアプリケーションは,外部メディアに直接アクセスできるのが一番大きいんですよね。

廣瀬正明さん

廣瀬正明さん

廣:FlickrとかだとSDカードをパソコンに挿して,写真を選んでアップロードっていう感じじゃないですか。Ficiaではネイティブアプリケーションが常駐していて,SDカードが挿さったのを感知して,前回アップロードしたのから新しい差分だけFiciaに上げてくれるんです。だからどちらかというと,フォトシェアリングサービスというよりはフォトストレージで,自分のハードディスクの延長がネットの向こう側にあるという。Flickrと同列で比較されることがあるんですけど,それは実は違う。

バ:ただのフォトストレージとかフォトシェアリングサイトではなくて。

廣:自分のストレージの延長線上で写真管理のハブみたいなポジションを目指しています。

バ:Web上にあるiPhoto注6をイメージしていただくといいかもしれないです。

注6)
Appleの写真管理ソフトウェア。

優れたエンジニアとは

弾:優れたエンジニアっていったいなんでしょう?

バ:技術とか経験もあると思うんですけど,同じビジョンをシェアできることとか,目標に対してすごくパッションを持っていることとかもすごく大事だと思います。

松:問題を認識して,解決策を提示して,それを実践するっていうところまでトータルで,すばやく確実にできるっていう,それこそエンジニアリングですけど,そのプロセスが全部できるっていうのが。

弾:全部できなきゃだめ?

松:理想的にはそうですね。コンピュータエンジニアは全部できないと一人前と言えないのかなと。

大沢和宏さん

大沢和宏さん

大:人をまきこめる能力というか,人を動かす。人に動いてもらうんじゃなくて,自発的に人が動いてくれるようにプロダクトなり,エンジニアリングを進めていけるような人っていうのはなかなかいいなと。たとえばPerlの世界だと,あるプロダクトを始めていて,そこがプラグインとかを差し替えて変えられますよ。で,プラグインはこういうAPIで作ってねって,適当にやっといて,そのプロジェクト自体がすごくいいものだったらわーっとプラグインが集まってきて,ノウハウとかもそれを使っている人たちの間でたまっていくみたいな感じですね。具体的には宮川さん注7みたいな感じなんですけど。

廣:僕は彼ら(大沢さん,松野さん)を優れたエンジニアだと思っているんですけど,一緒に仕事していて思うのは,自分の得手不得手をちゃんと把握しているので,聞けばいいところと自分が頑張ってやればいいところをちゃんと峻別しゅんべつできている。そういう意味ではえとらぼのチームはうまく機能していると思うんですね。だからすごく仕事をしやすいっていうのもありますし。完全にみんなの分野がセパレートしているわけではなくて,微妙に興味や仕事上の分野がかぶっているので,いろんな意見交換ができるし。

注7)
宮川達彦さん。現在はシックス・アパート⁠株⁠の技術担当執行役員。39Pの新連載「Perl Hackers Hub」でPSGI/Plackの記事を執筆いただいています。

読者に一言

弾:最後に,読者に一言お願いします。

バ:Ficiaぜひ登録してください(笑⁠⁠。ちなみに,これまで10Gバイトを315円で提供していたんですけど,10倍の,100Gバイトが1ヵ月315円になりました注8⁠。

弾:ちょっと待て。100Gバイトってどう使うんだ。

バ:それでも全然足りないですよ。

弾:ムービーやると足りなくなるか。

バ:僕も自分の写真全部上げたんですけど,40Gバイトくらいあったんですよね。それだと数千円くらいを超えてしまう。

弾:でも100Gバイトはさすがにすごいよ。Warez注9対策とかはしてるの?

バ:Ficiaじゃなくて,もっといいのがある(笑⁠⁠。何もわざわざめんどくさいことしなくてもいいかなって。

弾:そうか100Gバイトはさすがに有料だから。写真とかムービーじゃないとだめですか。

バ:今のところそうですね。

弾:じゃあ,廣瀬さん。

廣:来週,Ficiaの中核的な機能を担っているkumofs注10をオープンソース化する予定です。ぜひみなさん使ってください。

弾:100Gバイトとかっていうのは,そういうのがあってこそですよね。

廣:kumofsは小さめのデータを格納しているkey-valueストアみたいな感じなんですけど,写真データのストレージはまた別にあります。

弾:kumofsの使いどころは?

バ:写真とかを出すうえでDBにアクセスしなきゃいけない部分のデータをmemchachdプロトコルでがーっと取ってくるとか。メタデータですね。

廣:あと,誰に見せるとか見せないとか,パーミッションは全部kumofsに入っています。

松:僕もなんか公開しておけばよかった(笑⁠⁠。そうだ,動画にも対応したので,写真だけじゃなくてぜひ動画もアップロードしてください。

バ:デジカメには写真だけじゃなくて動画も入ってるじゃないですか。SDカードパチッて挿したときに写真だけ上がって動画だけ自分でバックアップ取らなきゃいけないですから。

大:弾さんの連載は今回で最終回ですが,次号から,えとらぼでFiciaでやっているUIまわりを取り上げた連載を本誌で書かせていただくことになっています。

松:Yappo先生の次回作に期待(笑⁠⁠。

弾:この連載はこれで何回目になるんでしたっけ。なかなか長かったよね。

編:えーと……16回くらい…?

弾:もっとやってるでしょ。担当編集者ですら思い出せない…。えーと,⁠#0から数えているので)24回ということになりますね。連載としては今回が最後なんですけど,不定期でまた発生するかもしれないです。そのときはよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。

画像

注8)
税込。2010年1月7日から開始。
注9)
インターネットを介して違法コピーのソフトウェアを販売・配付する行為。
注10)
分散型key-valueストア。2010年1月18日公開。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/