Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第9回 エディタの話[その1]─見た目の話

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

今回は,この連載の第7回で保留にしていたエディタウィンドウについてあらためて紹介します。エディタはIDEの最大の特徴なので,数回に分けてじっくり解説していきます。今回は手始めにエディタの見た目に関する説明を行います。

「エディタウィンドウ」の構成要素

Android Studioの「エディタウィンドウ」は今流行りのタブ方式で,図1 のような構成要素から成り立っています。

図1 ⁠エディタウィンドウ」の構成要素

図1 「エディタウィンドウ」の構成要素

エディタエリア(Editor)
エディタそのものです。
ガーターエリア(Gutter)
行番号やブレイクポイント,継承・実装などの関連マークを表示します。
ドキュメントタブ(Tab)
エディタのタイトル部分で,ファイル名が表示されます。
マーカーバー(Markerbar)
エラー箇所や検索のヒット箇所などさまざまな意味のマークを表示します。
またこのエリアはスクロールバーも兼ねています。

各要素の呼び名こそ違っていても,だいたいがEclipseと同じなので特に違和感を感じることはないのでは?と思います。それぞれの要素上で表示されるコンテキストメニューは,Eclipseのものとかなり趣が異なります。どう違うかは実際に見てください。

「エディタウィンドウ」の基本

いわゆるタブエディタです。ダブをドラッグ&ドロップすることでタブの順番を入れ換えることができます。さらに「エディタウィンドウ」エリア外にドラッグ&ドロップすると,そのタブを別ウィンドウとして切り離すことができます。

図2 エディタの切り離し(クリックすると動きがわかります)

切り離された「エディタウィンドウ」には「ツールバー」「ツールウィンドウ」が無いので,それを頼りにAndroid Studio本体と区別ができます。その辺りはEclipseのほうが見分けを付けやすいと思います。

OSのファイラ(FinderやExplorerなど)から「エディタウィンドウ」エリアにファイルをドラッグ&ドロップすると,そのファイルを開くことができます(プロジェクト管理外のファイルでも開けます)⁠この辺りまでの操作感はEclipseとほぼ同じです。ただ実装(SwingとSWT)の違いもあって,Android Studioのドラッグ&ドロップ操作は反応がイマイチよろしくありません。

図3 プロジェクト外のファイルを開く(クリックすると動きがわかります)

ドラッグ&ドロップ操作に関するEclipseとの大きな違いが1つあります。Android Studioも「エディタウィンドウ」エリアを複数箇所に分割することができるのですが,この分割操作だけはドラッグ&ドロップで行うことができず,"Split Vertically(垂直分割)"や"Split Holizontally(水平分割)"のコマンドから行います。

図4 エディタウィンドウの分割(クリックすると動きがわかります)

分割してからのタブの移動はドラッグ&ドロップでできます。エディタの切り離しや移動はドラッグ&ドロップでできるのに,分割だけできないというのも不思議なものだな,と思いますが伝統芸として受け入れておきましょう。

「ドキュメントタブ」の表示方法

デフォルトでは「ドキュメントタブ」は上部に1段で表示してありますが,タブ位置についてはコンテキストメニューの「Tabs Placement」「Preferences / Editor / Editor Tabs」Placementで上下左右に変更することができます。

図5 ドキュメントタブの位置変更(クリックすると動きがわかります)

地味な機能なんですが,タブを横(Left/Right)表示にしたときのみ "Alphabetical Mode" を有効にできます。なにをするのかと言うと,タブをアルファベット順に並び替えるというモードです。

図6 ドキュメントタブをアルファベット順に並び替える

図6 ドキュメントタブをアルファベット順に並び替える

この他にも「Preferences / Editor / Editor Tabs」で多彩な設定ができますので,いろいろ試して好みの設定にしてみてください。

図7 ⁠Preferences / Edior / Editor Tabs」

図7 「Preferences / Edior / Editor Tabs」

筆者の好みは以下のような設定です。

  • タブは多段表示したいのでShow tabs in single rowはOFF
  • アイコンを見れば何のファイルかわかるのでHide file extension in editor tabsはONにして,拡張子を表示しない

以前「Android Studioは自動保存する」という趣旨の説明をしました。実際,ドキュメントタブにはエディタでよく見る編集マークが出ません。自動保存するから知らなくていいのだと思いますが,編集したかどうかが分からないのがストレスだと思う人は,ここのMark modified tabs with asteriskをONにすると編集マークが出ます(それでも自動保存が無効になるわけではありません)⁠

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入