Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第19回 エディタの話[その11]─ 効率的なナビゲーションについて

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

効率的なナビゲーションと称して,今まで説明していなかった細かいナビゲーションの話と,第8回で紹介した「TODOツールウィンドウ」について補足を行います。

「最近使った」系の移動

よくある「最近使ったファイル」などの移動方法です。筆者の知識不足か,Eclipseにこの辺りの類似機能はそう多くないと認識しています。

「View → Recent Files」
いわゆる「最近開いたファイルの一覧」を表示します。ついでに表示可能なツールウィンドウの一覧も表示します。

図1 "Recent Files"の実行例(クリックすると動きがわかります)

このポップアップウィンドウでは,"Quick Definition"や"Quick Documentation"は使えません(クイックサーチは使えます)⁠
Eclipseの場合,⁠ファイル」メニューの下の方に「最近使ったファイル」が一覧表示していますが,Android Studioのように素早く使うには,ちょっとした訓練が要りそうです。

図2 Eclipseの「最近使ったファイル」一覧

図2 Eclipseの「最近使ったファイル」一覧

「View → Recently Changed Files」
こちらは「最近編集したファイルの一覧」を表示します。

図3 "Recently Changed Files"の実行例(クリックすると動きがわかります)

このショートカットキーを覚えると,第17回で紹介した"Back","Forward"より素早く移動できます。第17回では『Eclipseの「戻る」⁠進む」は履歴があって良い』と紹介しましたが,それを補う機能が,この"Recently Changed Files"なのだと思います。
「View → Recent Changes」
「最近の変更を一覧表示します。

図4 "Recent Changes"の実行例(クリックすると動きがわかります)

変更一覧を見るとわかりますが,主にファイル操作(作成・変更・削除)を記録します。何らかのバージョン管理を行って無くとも記録してくれるため「後であれやり直したい」などのウッカリ対応ができるため,割りと重宝します。
より細かな変更管理は "Local History" で行っていますが,こちらについてはバージョン管理を説明するときにあわせて紹介します。
Eclipseにピッタリ該当する機能はありませんが,ローカルヒストリ(⁠ヒストリービュー」⁠が相当すると思います。

"Recent Files"と"Recently Changed Files"のポップアップでは,たいていどこでも使えたQuick系のコマンドが使えませんが,その代わりSHIFTキーやCtrlキーでファイルを複数選択して一度に開くことが可能です。ただ,あまりうれしくありません。そんなことより「Navigate → Class / File / Symbol」のようにSHIFT+Enterキーで別ウィンドウ表示できたほうが便利な気がします……。

いずれにしろ,この「最近使った」系の移動は便利な部類なので,ショートカットキー込みで使い方を覚えておくと,効率よく編集したいファイルに移動することができるようになります。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入