世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

第6回 ユーザインターフェースの使い方:その1

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

動作確認

それでは動作確認を行います。

Eclipseからエミュレータを実行して,メニューの選択で,主画面への移動画面の往き来ができることを確認して下さい。

タイトル文字とアイコン,メニューを追加して、アプリらしくなりました。

画像

まとめ

今回は,

  • アプリタイルの設定方法
  • 文字列リソースの取り扱い
  • アプリアイコンの設定方法
  • メニューの追加ハンドリング方法

をご説明しました。

説明に使ったアプリは,以下からダウンロードできるように準備しましたので,よろしければお使いください。

今回の改造で,アプリが華やかになったと思いますがいかがでしょうか?

次回は,アプリでもっとも多用するであろうListViewの使い方をご説明します。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/