世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

第11回 デバッグ手法のあれこれ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回の復習

前回は,アプリの設定画面の作り方に関して学びました。

具体的には,

  • XMLによる設定画面の作り方
  • 設定画面から設定値の保存方法

の説明を行いました。

Android OSには,設定画面を簡単に実装できる枠組みが用意されており,値の保存も自動的に行ってくれるので,設定画面を作る場合は,この枠組みを上手く活用してアプリを仕上げてください。

アプリのデバッグ方法

アプリの開発段階では,不具合の修正を行ったり,パフォーマンスの改善を行うことがあります。AndroidのSDKには,効率良くデバッグやパフォーマンスチューニングが行えるツールや仕組みが用意されているので,今回は,それらをご紹介します。

最もベーシックなLogCat

バグの修正を行う場合,現状の動作状況を把握したいことがあると思います。

このとき,ソースコード中にブレイクポイントを設定して,ステップ実行をしても良いのですが,頻繁に描画行われる箇所などでは効率が悪いことがあります。そんな時に,android.utilパッケージのLogクラスを使い,動作ログを出力することで効率良くデバッグが行えます。オールドファッションの開発スタイルを知るプログラマであれば,printfでのデバッグとご説明するのが一番わかりやすいと思います。

以下は,動作ログを出力するサンプルです。

public class LogCatActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate( Bundle icicle )
    {
        super.onCreate( icicle );
        setContentView( R.layout.main );

        // ログを出力
        Log.d( "LogCat", "Log message" );
    }
}

それでは,ソースコードを見ていきます。

ActivityのonCreateメソッドの最後,Log.dでログを出力しています。

Log.dメソッドの第一引数にはタグ名を,第二引数にはメッセージを指定します。

第一引数のタグ名は,ログが表示されるウィンドウで,フィルタリングする際に使うので,アプリ名を指定するのが良いでしょう。ソースコードに,1行追加するだけで,ログの出力が行えるので,積極的に使ってください。

Logクラスには,dメソッド以外にもメソッドを持っています。

それぞれ,以下のような意味を持つので,状況などに応じて使い分けることで,効率的に管理してください。

dデバッグメッセージをログ出力
eエラーメッセージをログ出力
i情報メッセージとしてログ出力
v汎用メッセージとしてログ出力
w警告メッセージとしてログ出力

動作ログは,SDKディレクトリのtools以下にある「ddms(Dalvik Debug Monitor)⁠で⁠確認できます。

画面1

画面1

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入