気になる開発プロダクツ

第5回 NetBeans 6.0 M10

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

NetBeans(http://www.netbeans.org/)は,Eclipseと肩を並べるJavaアプリケーションの統合開発環境(IDE)です。2000年にSun Microsystems, Inc.(以下Sun)がスポンサーとなってオープンソース化されました。バージョン5.5よりThe Common Development and Distribution License(CDDL)ライセンスで配布されています。

ここで紹介するバージョン6.0 M10は,6.0が正式リリースになる1歩手前の状態にあるものです。そのため,説明している内容が今後の開発によって変更される場合もありますので,ご了承ください。

ようやく始まったIDEでのスクリプト言語のサポート

アプリケーション開発において,このところPHP, Ruby, Pythonなどのスクリプト言語が用いられることが増えてきています。そうした状況にもかかわらず,これまでのIDEはJava(Eclipseなど)やC#/VB.NET(Visual Studio)などの言語をサポートするのみでした。

ですが,このところIDEでもスクリプト言語をサポートしようという動きが出てきています。たとえばEclipseでは,6月末の集中リリース(Europa)において,RubyとTclをサポートしたDynamic Languages Toolkit(DLTK) 0.9をリリースしました。Ruby on Railsを用いた開発環境のプラグインAptana RadRailsもよく知られています。これらはどちらもEclipseプラグインとして提供されています。そしてMicrosoftは,SilverlightにおいてPythonやRubyなどをサポートし,Expression StudioなどでSilverlight対応のアプリケーションを開発できるようにするとしています(Microsoftの資料)。

NetBeansでもその動きに対抗するように,スクリプト言語のサポートを進めています。6.0 M10で対応している言語は,JavaScript,RubyJavaFXの3つです。サポートする言語の数は,Generic Languages Framework (Project Schliemann)というプロジェクトで今後さらに追加される見込みです。

ちなみに,プロジェクトの名前となったSchliemannは,トロイ遺跡を発見し,13ヶ国語を操ったといわれるハインリッヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann)[Wikipedia] から名づけられたそうです。

NetBeansで用いられているRubyの実装は,JRubyというJavaによるRubyの処理系が用いられています。また,Ruby on Rails(以下Rails)によるアプリケーション開発もサポートしており,Railsのコマンドを実行してソースコードなどを自動生成して,アプリケーションを効率よく開発することが可能になっています。

JavaFXとは,RIA(Rich Internet Application)環境を実現するためのスクリプト言語としてSunが中心となって開発を進めているもので,7月にバージョンアップしてコンパイラが追加されたものですが,まだ正式リリースしたバージョンは存在せず,開発途上にあります。この言語のNetBeansにおける開発環境はプラグインとして提供され,NetBeans 5.5/6.0のそれぞれのバージョンに対応したものがダウンロード可能です。

ダウンロードとインストール

NetBeans 6.0 M10でスクリプト言語をサポートしているのは,JavaScriptのみがStandardRubyもサポートしているのがFullです。どちらも英語版のみがリリースされています。記憶容量の空きが十分であれば,Fullのほうをダウンロードしましょう。容量は約172Mバイトです。ダウンロードされたnetbeans-6.0m10-full-windowsを起動すると,インストールされます。インストール後の容量は,約375Mバイト程度となります。

なお,事前にJDK5以上がインストールされている必要がありますので,そちらも合わせて確認しておいてください。

NetBeansでRubyスクリプトを実行

まず手始めに,そもそもRubyスクリプトがNetBeans上で実行可能であることを知るために,NetBeansの画面内でRubyの対話的実行環境であるIRBを起動し,そこでRubyプログラミングをしてみましょう。

NetBeansを起動したら,Window→Other→Ruby Shell(IRB)の順にクリックします。そうすると画面の下方に「IRB」という名前のウィンドウが開き,「Welcome to the JRuby IRB Console」と表示されます。この画面はexitと入力して[Enter]を押すと閉じられます。

IRBはRubyスクリプトの実行環境で,ここからスクリプトを入力してEnterが押されると,すぐに実行されます。クラス定義のようにすぐに実行できないものでも,その情報はIRBの環境内で保持されます。図1はこの連載で取り上げられた製品の名称をリストアップするスクリプトを実行した例です。

図1 IRBでRubyスクリプトを実行したところ

図1 IRBでRubyスクリプトを実行したところ

著者プロフィール

沖林正紀(おきばやしまさのり)

SE/プログラマを経て,WebアプリケーションやXMLなどについて雑誌記事や書籍の執筆活動を始める。大手メーカで製品資料の作成や,セミナーの講師を担当したこともある。現在は,取材記事や製品レビューなどに執筆活動の幅を広げる一方,プログラミング教材の開発も手がけている。

著書

コメント

コメントの記入