ASP.NET利用者から見るWindows Azure Webサイト

第1回 ASP.NET Webプロジェクトのデプロイ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2014年2月26日より日本データセンターでの稼働を開始したWindows Azure。本連載ではWindows Azureが提供するサービスの内,Windows Azure Webサイト(以降,Webサイト)の機能をASP.NET利用者の視点から紹介します。

連載の目的

初めての「Webサイト」に対する疑問を解消し,ASP.NETで作成するWebアプリケーションを「Webサイト」上で運用するイメージを掴みます。「何ができて何ができないのか?」「ASP.NETのような動的なWebアプリケーションを運用するには不十分ではないか?」「クラウドサービスの方が適しているのではないか?」といった疑問を解消します。

「Webサイト」だからこそできること

「Webサイト」はWindows Azureが提供するサービスの中で,最もWebホスティングに特化したPaaSと言えます。Webホスティングに特化しているからこそ,利用者はWebアプリケーションの構築/運用に集中でき,「Webサイト」の強力なサポートを受けられます。ただのオンプレミス環境の代わりでは収まらない,「Webサイト」の機能を,ASP.NET利用者の視点から紹介します。

注意:
今後のWindows Azureの更新により,執筆内容が最新の内容とは違う可能性があります。
「Webサイト」は,無料/共有(現在はプレビュー)/標準の3つのレベルで提供され,レベルによっては利用できない機能があります。随時補足します(参考:Web サイトの料金詳細)。

第1回目のポイント

第1回目は,ASP.NET Webプロジェクトの用意から「Webサイト」へのデプロイ,サイトへのアクセスまでの一連の流れを追いながら,以下のポイントを押さえます。

ポイント

  • 「Webサイト」はClassic ASPから昨今のASP.NETフレームワークまで対応
  • ASP.NET Webプロジェクトをそのままデプロイ可能
    • WebDeployやソース管理システム等,数多くのデプロイ方法をサポート
    • デプロイ履歴の参照/ロールバックが可能
  • 既定ドメインに対し,SSL接続が提供される

ASP.NET Webプロジェクトの用意

「Webサイト」ではどのようなプロジェクトを用意すればよいのでしょうか?「Webサイト」では,Classic ASPやASP.NETで構成されたプロジェクトをそのままデプロイできます。プロジェクトの作成手順はオンプレミス環境の場合と同様で,Windows Azure特有のプロジェクトを用意する必要はありません。

図1 ASP.NET Webプロジェクト

図1 ASP.NET Webプロジェクト

画像はVisual Studio 2013でASP.NET Webプロジェクトを1つ作成した後のソリューションエクスプローラーです。このプロジェクト構成のままデプロイが可能となります。

.NET Frameworkのバージョンとマネージパイプラインモードの選択

ASP.NET Webプロジェクトの.NET Frameworkのバージョンは,現在2.0から4.5.1までが利用可能です。また,ASP.NETだけでなくClassic ASPも動作可能です。

環境設定は,管理ポータル(Windows Azureの設定を行うサイト)から行います。参考として,.NET Frameworkのバージョンの選択とClassic ASPを動かすための設定―マネージパイプラインモードの設定を行う図を,IISマネージャー/管理ポータルの両方を比較して掲載します図2)。左がIISマネージャー(バージョン8.5)での設定画面,右が管理ポータルでの設定画面です。

図2 .NET Framework のバージョンとクラシック/統合モードの設定比較

図2 .NET Framework のバージョンとクラシック/統合モードの設定比較

上の.NET Frameworkのバージョンで表示される数字は,IISマネージャーではCLRのバージョンが,管理ポータルでは.NET Frameworkのバージョンが表記されているので注意。

補足:
2014年2月末頃より,IISマネージャーのリモート管理に対応しました。制限はありますが,IISマネージャーから「Webサイト」の設定を行うことができます。

ASP.NETのフレームワークはすべて(ASP.NET Web ページ/ASP.NET Web フォーム/ASP.NET MVC/ASP.NET Web API /ASP.NET SignalR)利用できます。また,ASP.NET Webプロジェクトの種類はWebアプリケーションプロジェクト/Webサイトプロジェクトの双方が利用できます。

著者プロフィール

矢後比呂加(やごひろか)

ASP.NETをベースにした開発を行なう,Webシステム開発エンジニア。

趣味はピアノ。

バックナンバー

ASP.NET利用者から見るWindows Azure Webサイト

  • 第1回 ASP.NET Webプロジェクトのデプロイ

コメント

コメントの記入