スマホ×Windows Azure開発講座(Windows Phone編)

第6回 Windows Azure Toolkit for Windows Phone

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

これまでの連載では,.NETで作成したサービスアプリケーションをWindows Azure環境にデプロイして,Windows Phoneアプリケーションからアクセスするまでを紹介してきました。

最終回となる今回は,Windows PhoneアプリケーションからWindows Azureを簡単にアクセスするためのライブラリであるWindows Azure Toolkit for Windows Phoneについてご紹介したいと思います。

なお,Toolkitのサンプル実行時にはWindows Azureストレージアカウントを使用しますので,Windows Azureの無料お試しのアカウントをご用意していただく必要があります。

Windows Azure Toolkit for Windows Phoneとは

Windows Azure Toolkit for Windows Phone(以下ツールキット)は,Windows PhoneからWindows Azureのストレージに簡単にアクセスする方法を提供するライブラリです。

Windows Phone以外にはiOSやAndroid用のツールキットがGitHubで提供されています。

ツールキットを利用する際に気を付けることの1つにWindows Azureストレージへのアクセスの方法があります。方法は2通りあり,1つはWindows PhoneアプリケーションがWindows Azureストレージに直接アクセスする方法です。もう1つはWindows Azure上のホステッドサービス上にアカウント認証用のアプリケーションをデプロイして,そのサービスを通じてWindows Azureストレージにアクセスする方法です。後者に関しては,アカウント認証機能も持ったアプリケーションがGitHubでCloud Ready Packagesとして「主に他のツールキット向け」に提供されています。

Windows Phone向けのツールキットには上記Cloud Ready Packagesの基となったASP.MVC3ベースのアプリケーションが用意されています。また,認証に関しては独自のアカウント管理機構を実装したMembersipと,Windows LiveやGoogleなどのアカウントを認証に利用可能なWindows Azure ACSを用いるもののどちらかを利用する事が可能です。

本記事ではシンプルにWindows Phone端末から直接Windows Azureにアクセスする場合のサンプルおよびコードをご紹介していきます。

Windows Azure Toolkit for Windows Phoneのサンプルを試す

それではサンプルアプリケーションを実際に動かしてツールキットを体験してみましょう。

ツールキットは下記CodePlexから入手することができます。

Windows Azure Toolkit for Windows Phone
http://watwp.codeplex.com/

インストーラが提供されていますので,インストーラの指示に従ってインストールします。ツールキットは下記フォルダにインストールされます。

  • C:\WindowsAzure\WATWindowsPhone

このフォルダにはライブラリ本体(Binariesフォルダ)⁠各種サンプル等が展開されています。サンプルはWindows Phone SDK 7.0,Windows Phone SDK 7.1それぞれようにサンプルが用意されています。Windows Phone SDK 7.1用サンプルには以下のサンプルが用意されています。

BabelCam

画像内のテキストをOCRサービス(Microsoft Research Project Hawaii OCR in the Cloud Service)を用いて抽出し,それをユーザーの選択した言語にBing Translator Serviceを用いて翻訳。最後にそれをPush Nortificationを用いてユーザーに通知するサンプルアプリケーションです。

TweetYourBlobs

写真をWindows Azure Blobにアップして,そのURLを呟くサンプルアプリケーションです。認証機構がすべてオミットされているシンプルなサンプルアプリケーションです。

CRUDSqlAzure

SQL Azureデータベース上にODataサービスを構築するサンプルアプリケーション

今回はこのうちのTweetYourBlobsを動かしてみたいと思います。

著者プロフィール

福田寅成(ふくだともなり)

クラスメソッド株式会社

RIAエバンジェリスト

RIAやクラウドに関する技術記事執筆やセミナーの開催を通じて,先進技術の啓蒙を行う日々。Flex/AIR/Silverlight/AWS/Azure/Android/iOS/Windows Phone/UXと幅広い技術を担当。

Twitter:@Cronoloves

コメント

コメントの記入