使ってみよう! Bing API/SDK

第1回 Hello, Bing Map App!──Silverlightで作るBing Mapsアプリケーション(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

はじめに

みなさんはBing図1を利用していますか? BingとはMicrosoftの検索サービスです。2009年に従来の検索サービス,Live Searchからブランド名を変更し,新たなサービスとしてスタートしました。その後も,さまざまな新機能が追加されている注目のオンラインサービスです※1)⁠まだ利用したことのない方は,ひとつの選択肢としてぜひ活用してみてください。

そしてBingには,開発者向けにBingサービスを利用できるAPIやSDKが提供されています。この連載では,Bingに関するAPI・SDKを紹介します。一緒にBingを利用したアプリケーションを開発してみましょう! 開発ではなくBing自体の使い方については,必要な部分しか紹介しません。詳しく知りたい方は,BingのホームからリンクされているBingのツアーなどを参照してください。

図1 Bing

図1 Bing

さて,2010年6月7日にMicrosoftの開発者向けカンファレンスTech・Ed 2010 North Americaにて,Bingの地図検索サービス Bing Mapsのアプリケーション(Bing Map App)が開発できる,Bing Map App SDKリリースの発表がありました。このSDKリリース以外には,Silverlight 4対応やBing Mapsの機能追加,REST APIの提供なども発表されています。第1回目は,Bing Map App SDKをさっそく利用してアプリケーションを作ってみましょう。Bing Map Appは,Silverlightを使用して作ります。

※1
米国・英国以外では現在ベータサービスとして提供されています。すべての機能を体験するには,国・地域の選択で米国・英国に変更する必要があります。ただし,日本のみ機能やキャンペーンなどもあります。

Bing Map App

そもそもBing Map App(以下Map App)とはなんでしょうか。まず,Bing Mapsは,技術的に分類すると,JavaScriptベースのものと,地図の描画やUIなどにSilverlightを使用した ふたつのモードがあります。JavaScriptベースはLive Searchブランド時代から続いているものであり,SilverlightのBing Mapsは2009年に新しくリリースされたものです。

日本のBing Mapsは,今のところ旧式のJavaScriptベースとなっています。米国のBing Mapsでは新しいSilverlightを使用したものが正式サービスとして提供されています(JavaScriptベースに戻すこともできます)⁠

SilverlightのBing Mapsでは,Deep ZoomなどSilverlightの機能を使用し,JavaScriptベースでは体験できないUIを実現しています。また車載視点で地図上を移動できるStreetside view(Googleマップのストリートビューと似たもの)などSilverlightのBing Mapsにしかない機能もいくつかあります。Map Appは,その中の機能のひとつです。というわけで,連載ではSilverlightのBing Mapsを使用していきます。

Map Appは,Bing Mapsの左側のパネル下にある「MAP APPS」ボタンをクリックし,Bing Map App Gallery図2から起動します。Map Appには,Flickrの写真を地図上に合成して表示するStreetside Photos図3)⁠Twitterのツイートをリアルタイムに地図上に表示するTwitter Maps図4など見ているだけで楽しいものから,交通情報やホテル情報の表示など実用性のあるものまでが多数登録されています。

これまでは,Map Appは公式のアプリケーションしかありませんでしたが,Bing Map App SDKにより誰でも開発でき,公開が可能になります。

ただし,登録時に審査があります。Map Appである必要がない場合は,以前から提供されているBing Maps Silverlight Control SDKなどを利用する方法もあります。

図2 Bing Map App Gallery

図2 Bing Map App Gallery

図3 Streedside Photos

図3 Streedside Photos

図4 Twitter Maps

図4 Twitter Maps

開発環境

Bing Map Appの開発には次の環境が必要です。

無償のVisual Web Developer Express 2010 ExpressとSilverlight 4 Toolsの組み合わせでも開発できます。

Bing Map App SDKは,Microsoft Connectからダウンロードし,インストールしましょう。Windows Live IDアカウントによるサインインが必要です。

インストーラーを実行すると図5)⁠Bing Map Appの開発に必要なライブラリーとドキュメントおよびサンプルプログラムがインストールされます。また,Visual Studioの場合,C#のBing Map Appテンプレートが追加されています。

図5 Bing Map App SDK セットアップ

図5 Bing Map App SDK セットアップ

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入