使ってみよう! Bing API/SDK

第13回 使ってみよう! Bing Maps AJAX Control──地図をWebページに貼り付け(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

新しいBing Maps

2010年11月,Bing Mapsがリニューアルされました。これに伴い,開発者向けのBing Maps AJAX ControlがVersion 6.3からVersion 7.0へメジャーアップデートされています。今回からはこの新しいBing Maps AJAX Controlを使ってみましょう。

まず,新しいBing Mapsの変更点をみてみましょう。図1のようにデザインの変更が行われています。変更された点は,地図上のダッシュボードと呼ばれる地図表示の切り替えやズームを行うUI部分および,左側のリンクなどのレイアウトです。1クリックで知りたい情報にアクセスできるよう改良されています。ただし,日本語の場合はダッシュボードなど一部のみ変更が反映されています。また,見た目の変更として,道路地図のデザインも変更されています。

図1 Bing Maps

図1 Bing Maps

これまでは,新しい機能とUIを備えたBing MapsとしてSilverlight版が提供されていましたが,今回の変更によりAjaxを利用したBing Mapsに戻っています。Silverlight版でのみ提供されていたMap AppやStreetSideについては,今回のAjax版Bing Mapsからアクセスできるようになっています。Silverlightが使用されていることには変わりありませんが,今後Silverlightで実現している機能はHTML5などへの置き換えが予想されます。今回の変更は,Bing Mapsの今後の展開を示すものといえるでしょう。

また,廃止された機能もあります。ActiveXによる3D表示機能図2は,サービス終了が予定されています。

図2 Bing Maps 3D

図2 Bing Maps 3D

Silverlight版とAjax版を実際に使用して比べると,ズームや表示の切り替え,アプリケーションなどSilverlight版が優れている点はいくつもありますが,HTML5対応などを見据えて今回の変更になったことが伺えます。今後もアップデートが続くと思われますので動向に注目していましょう。以前のSilverlight版は,今のところhttp://www.bing.com/maps/exploreにアクセスすると利用可能です。

Bing Maps AJAX Control 7.0

Bing Maps AJAX Controlは,Webページ用の地図コントロールおよびAPIで,JavaScriptのライブラリーとして提供されています。このコントロールは古くから提供されており,以前のものは⁠Virtual Earth Map Control⁠と検索すると見つかると思います。使ってみよう! Windows Live SDK/API第4回でも紹介しています。Virtual Earthとは,Bingブランド以前に使用されていた地図サービスを提供するプラットフォーム名です。

Version 6.3から7.0への変更点について,見た目の違いは図3,4を見てわかるとおり,

  • ダッシュボードの変更 および
  • 道路地図のタイル画像の変更

があります。デザインについては新しいBing Mapsで既に述べたとおりです。

図3 Bing Maps AJAX Control 7.0

図3 Bing Maps AJAX Control 7.0

図4 Bing Maps AJAX Control 6.3

図4 Bing Maps AJAX Control 6.3

さらに次の変更も行われています。

  • パフォーマンスの改善(3倍高速に,ダウンロードサイズは1/3に)
  • Bird⁠s eye(概観図)図5の改善
  • iPhoneのWebブラウザーサポート

図5 Bird⁠s eye(概観図)

図5 Bird’s eye(概観図)

そして開発者視点での大きな変更として,ライブラリーのクラスの構成や,クラスのメソッドやプロパティが刷新され,下位バージョンとの互換性がなくなっています。クラスの命名規則が変わり,以前のバージョンではVirtual Earthを表すVEという接頭辞が多用されていましたが,7.0では使用されていません。また,以前のバージョンでは,地名から経緯度を得るジオコーディングを行うAPIなどもAJAX Controlに含み,地図サービスの全部入りとなっていましたが,7.0では地図の表示のみに限定し,ジオコーディングなどはBing Maps REST Servicesと連携しての使用を想定されており,AJAX Control自体はシンプルな構成になっています。Bing Maps REST Servicesについては第9から11回で紹介しています。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入