使ってみよう! Bing API/SDK

第23回 地図アプリで始めるiPhone・iPadアプリ開発(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

はじめに

2011年5月5日,Bing Maps iOS Control SDKが公開されました。このSDKを利用すれば,地図サービスのBing Mapsを使ったiPhone・iPadアプリをObjective-Cで開発できます。今回はこのBing Maps iOS Control SDKについてお届けします。さっそくSDKを使ってアプリを作ってみましょう! 今回は,Bing Maps iOS Control SDKの導入とiPhoneシミュレーターで自分のいる位置を地図で表示するところまでが目標です図1)⁠

図1 今回の目標

図1 今回の目標

はじめての方でも動くところまでできるよう手順を細かく記載しています。既にアプリ開発経験のある方は,Bing Maps iOS Control SDKの内容についてと既存コントロールのMap Viewと比べながら読んで頂けると幸いです。

iPhone・iPadアプリ開発の詳しい仕組みなどについては,gihyo.jpに連載記事(⁠目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート」⁠iOS SDKによるiPhone/iPadアプリケーション開発入門」⁠がありますので,そちらも参照して頂けるとよいかと思います。

Bingサービス

開発の前にBingについて少し紹介します。BingはMicrosoftが提供している検索サービスです。その中の地図サービスが,Bing Mapsです。詳細なサービス内容は,bing.comにあるBingのツアーから参照してください。

残念ながら,日本向けの機能は,米国とくらべ少ないのが現状です。世界の検索サイトから米国を選択すると,すべての機能を使用できます図2Exploreリンクをクリックしてみてください)⁠

図2 Bing - Explorer

図2 Bing - Explorer

Web検索や地図など基本的なサービスは,iPhone・iPadにも対応しています。むしろ,最近ではiPhone・iPad向けのサービスへの注力が伺えます。Safariからの利用もでき,加えて専用のアプリもリリースしています。先月の4月にはiPad向けのアプリ,Bing for iPadを公開しています。また,モバイル向けのStreetsideなどいくつかの機能は,Bing for iPhoneでしか使用できません。ただし,どちらも米国向けのアプリです。

Bingとは少し関連が薄れますが,先日リリースされたiPhone・iPad向けのPhotosynthは,日本でも利用できます。カメラの映像を3D空間にマッピングする(パノラマの作成)アプリです。作成したパノラマは,http://photosynth.net/を経由して,Bing Mapsに投稿も可能です。

Bing Maps iOS Control SDK

さて,Bing Maps iOS Control SDKについてです。iOS Controlは,Objective-Cによる地図コントロールです。これによりBing MapsのネイティブなiOSアプリの開発が可能になりました。このコントロールで提供される主な機能は次の通りです。

  • 地図の表示(道路地図・航空写真・ラベル付き航空写真)
  • 逆ジオコーディング(経緯度から住所の取得)
  • プッシュピン(マーカー)の表示
  • ユーザーの位置の表示

いまのところ最小限の内容となっているようです。Bing Mapsの特徴であるBird⁠s eye(斜めから撮影した航空写真の表示)も選択できず,地図を構成するタイル画像の変更,領域やルートの描画といった機能もありません。

検索やジオコーディング(住所から経緯度の取得)については,コントロールの機能には含めず,別途 提供されているRESTサービスと組み合わせて使います。これは以前から提供されているJavaScriptやSilverlightのコントロールと同様です。

クラス構成は,Map Kit Frameworkに合わせてあります(クラスのプレフィックスがMKの代わりにBMになります)⁠ただし,機能に差異があるため,同じというわけではありません。

ダウンロード

SDKのダウンロードは,Download Centerから行えます。ファイルはDMG形式です。ダウンロード後,中のファイルを適当なディレクトリーにコピーしてください。

SDKには以下のものが含まれています。

  • README.htmlファイル
  • Bing Maps iOS Control
  • Xcodeのサンプルプロジェクト
  • APIリファレンスと関連文書

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入