使ってみよう! Bing API/SDK

第30回 はじめよう!Metro スタイル アプリ開発──使ってみよう!Bing Maps SDK for Metro style apps

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

はじめよう!Metro スタイル アプリ開発

おひさしぶりです。6月にWindows 8 Release Previewが公開されました。また,開発環境のVisual Studio 2012 RCも公開されています。皆さんは,実際に使ってみましたか? Windows 8では,新しい種類のアプリ「Metro スタイル アプリ」が登場しました。

Metro スタイル アプリは,これまでのアプリと比べ,既定ではデバイスの画面全体に表示され,ひとつのアプリに専念して使えます。また,快適なタッチによる操作をサポートします。

さて,この連載ではこれまでにさまざまなBing Maps関連のAPI・SDKを紹介してきましたが,Windows 8 Release Previewに併せて,Metro スタイル アプリ向けのBing Maps SDKも新しく提供されました。さっそく,新しいSDKで,Metro スタイル アプリを開発してみましょう!図1

図1 Windows 8 Metro スタイル アプリの開発

図1 Windows 8 Metro スタイル アプリの開発

Metro スタイル アプリの地図アプリ開発の紹介となりますので,Metro スタイル アプリの開発全般については,デベロッパー センターのMetro スタイル アプリ開発も参照してください。

開発環境の準備

開発は,Windows 8 Release PreviewVisual Studio 2012 RCで行います。まずは,最新の環境を準備してください。

無償で提供されているVisual Studio Expressをインストールする場合は,Metro スタイル アプリ開発用の,Visual Studio Express 2012 RC for Windows 8を選択します。早期リリースバージョンであるVisual Studio 2012 RCは,すべてのエディションが無償で使えます。

Bing Maps SDK

続いて Bing Maps SDK を準備しましょう。Metro スタイル アプリ向けのBing Maps SDKは,Windows 8 Release Previewの公開後,一足遅れて,Bing Maps SDK for Metro style apps (RP)が提供されています。

Bing Maps SDK for metro style appsのダウンロードおよびインストールは,Visual Studioの「ツール」メニューの「拡張機能と更新」から行えます図2)。Webサイトからダウンロードしてインストールもできます。

図2 Bing Maps SDKのダウンロードとインストール

図2 Bing Maps SDKのダウンロードとインストール

インストール後,Visual Studioを再起動します。

Bing Maps Keyの取得

Bing Maps SDKの地図コントロールを使うには,これまでの連載と同じくBing Maps Keyが必要です。Bing Maps Account Centerに,サインインしてBing Maps Keyを取得します。はじめて使う場合は,アカウントの登録が必要です図3)。また,Metro スタイル アプリの利用規約Terms of Useは,これまでのBing Maps APIの利用規約とは別に用意されていますので注意してください。

図3 アカウントの登録

図3 アカウントの登録

Bing Maps Keyは,メニューの「Create or view keys」から新しく作れます図4)。Application typeは,「Metro style app (BETA)」を選びます。Submitボタンをクリックすると,新しくキーが生成され同じページにキーのリストが表示されます。

図4 Bing Maps Keyの作成

図4 Bing Maps Keyの作成

Metro スタイル アプリ プロジェクトの作成

それでは,Visual StudioでMetro スタイル アプリのプロジェクトを新規作成しましょう。Metro スタイル アプリは,C++,C#,Visual Basic,JavaScriptのどれでも開発できます。Bing Maps SDKを利用する場合も,どの言語でも開発できます。

今回は,C#・Visual Basicを使います。メニューの「ファイル」「新しいプロジェクト」から,図5のように「Windows Metro style」「Blank App (XAML)」を選択して,プロジェクトを作成します。ここではアプリ名を「SampleMapApp」としました。

図5 プロジェクトの新規作成

図5 プロジェクトの新規作成

Bing Maps SDKの参照

プロジェクトでBing Maps SDKを利用するため,プロジェクトからSDKを参照します。メニュー「プロジェクト」「参照の追加」から,参照マネージャーを開きます。図6のように,Windowsの拡張子にある「Bing Maps for C#, C++, or Visual Basic (RP)」をチェックします。また,C#とVisual Basicのプロジェクトの場合,「Microsoft Visual C++ Runtime Package」も必要ですので,併せてチェックします。OKボタンをクリックして完了です。

図6 Bing Maps SDKとC++ランタイム パッケージの参照

図6 Bing Maps SDKとC++ランタイム パッケージの参照

構成の変更

続いて,メニュー「ビルド」「構成マネージャー」から,構成マネージャーを開きます図7)。プラットフォームに「Any CPU」が選択されていると思いますが,このままではBing Maps SDKが使えません。作成するアプリのプラットフォームに合わせて,ARM・x64・x86のいずれかを選びます。DebugとReleaseの両方の構成を変更しておきましょう。

図7 構成の変更

図7 構成の変更

以上で,地図アプリのためのプロジェクトができました。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入